【プロ解説】MINI CLUBMAN(クラブマン)のスペックは?下位グレードからJCWまで徹底紹介!

2019年10月、新型となって登場したMINICLUBMAN(クラブマン)。CLUBMAN(クラブマン)は、ファミリーのイメージを残しつつ、よりワイドに、よりブリティッシュになりました。今回は、外装、内装、安全装備、グレード別の違い、人気カラー、座席や荷室(ラゲージスペース)、オプション装備にライバル比較など、あらゆる視点からMINICLUBMAN(クラブマン)をひも解いていきます。

文・鈴木ケンイチ/写真・萩原文博

Chapter
グレードごとに異なるスペックのパワートレインを搭載
ベーシックなONEとバッキンガム
ミドルグレードとなるクーパーとクーパーD
「S」をプラスした上級グレード
特別なハイパフォーマンスモデルがJCW
動画もどうぞ!クラブマン史上最強スペック!MINI JCW CLUBMANを徹底チェック!チャンネル登録もよろしくお願いします!

グレードごとに異なるスペックのパワートレインを搭載

MINI ジョンクーパーワークス クラブマン 萩原文博

写真:MINI JCW CLUBMAN

MINIクラブマンは、1.5リッターの3気筒ガソリン・ターボ・エンジンと2リッター4気筒のガソリンとディーゼルのターボが用意されていますが、その内容を見るとグレードごとにチューニング内容が異なっており、7速DCTと8速ATという2種類のトランスミッションもバラバラに組み合わせられているので、パワートレインはグレードごとに違っていると捉える方がスッキリするはずです。

ベーシックなONEとバッキンガム

まず、MINIクラブマンのベーシックなグレードとなるMINI ONEクラブマン。こちらには、最高出力102馬力・最大トルク190Nmの1.5リッター3気筒ガソリン・ターボ・エンジンが搭載されています。トランスミッションは7速DCTでFF(前輪駆動)となります。

 装備は最もシンプルなもので、ヘッドライトがハロゲンでアルミホイールが16インチ。カーナビとドライビング・アシスト(衝突回避・被害軽減ブレーキ)は装着されていまが、前走車を追従するACC(ストップ&ゴー機能付き)はないのが残念なところです。

このONEに、LEDヘッドライトなどの装備を充実させたグレードがMINIクラブマン・バッキンガム。パワートレインの内容は、ONEと同じものとなっています。

ミドルグレードとなるクーパーとクーパーD

MINI COOPER CLUBMAN

写真:MINI COOPER CLUBMAN

ミドルグレードに該当するのが、MINIクーパー・クラブマンとMINIクーパーDクラブマンの2モデル。MINIクーパー・クラブマンは、最高出力136馬力・最大トルク220Nmの

1.5リッター3気筒ガソリン・ターボ・エンジンを搭載。ONEと排気量は同じですが、こちらの方がよりパワーを出すチューニングとなっています。7速DCTのFF(前輪駆動)という点はONEと同じになっています。

MINI Cooper S Clubman

写真は、MINI COOPER S CLUBMAN

一方、MINIクーパーDクラブマンは、名称に「D」とあるようにディーゼル・エンジン搭載車。最高出力150馬力・最大トルク350Nmの2リッター4気筒ディーゼル・エンジンを搭載。FF(前輪駆動)という点は同じですが、トランスミッションは8速AT。トルクフルで燃費性能が良いというのが魅力となります。

装備に関して言えばMINIクーパー・クラブマンとMINIクーパーDクラブマンの2モデルは、同じ内容。フロントヘッドライトがハロゲンでシートがスタンダードというのは残念ですが、17インチアルミホイールやクロームラインインテリアやACC(ストップ&ゴー機能付き)を備えるなど、細かい部分の装備の充実度が高められています。

「S」をプラスした上級グレード

MINI CLUBMAN

写真:MINI COOPER S CLUBMAN

上級グレードとなるのが名称に「S」をプラスした、MINIクーパーSクラブマンとMINIクーパーSDクラブマン、そして4WDのMINIクーパーSクラブマンALL4の3モデル。

MINI CLUBMAN

MINIクーパーSクラブマンとMINIクーパーSクラブマンALL4の2モデルに搭載されるのは最高出力192馬力・最大トルク280Nmの2リッター4気筒ガソリン・ターボ・エンジン。ただしMINIクーパーSクラブマンは7速DCTを組み合わせるFF(前輪駆動)に対して、MINIクーパーSクラブマンALL4は8速ATの4WDとなります。雪道を走るというのであれば、この4WDモデルがおすすめとなります。

MINI Cooper S Clubman

写真は、MINI COOPER S CLUBMAN

そしてディーゼルのMINIクーパーSDクラブマンに搭載されるのが、最高出力190馬力・最大トルク400Nmの2リッター4気筒ディーゼル・エンジン。トランスミッションは8速AT。車両価格は同じ2リッターのガソリンよりも20万円高くなりますが、燃料費が安くつくことで、長い目で見ればディーゼルの方がコストは有利。維持費を抑えたいという人はディーゼル・モデルがおすすめとなります。

装備は、LEDヘッドライトをはじめフロントのスポーツシートやツイン・エキゾースト・テールパイプ、走行モードを変化できるMINIドライビング・モードやパフォーマンス・コントロールなど、最も充実した内容となっています。

特別なハイパフォーマンスモデルがJCW

MINI ジョンクーパーワークス クラブマン 萩原文博

MINIファミリーの中で別格のハイパフォーマンスモデルとなるのがJCW(ジョン・クーパー・ワークス)モデルです。MINIファミリーの一員としてMINIクラブマンにもJCWが用意されています。それがMINI JCWクラブマンです。

MINI ジョンクーパーワークス クラブマン 萩原文博

搭載されるパワートレインは最高出力306馬力・最大トルク450Nmの2リッター4気筒ガソリン・ターボ・エンジン。トランスミッションは8速ATで4WDシステムが組み合わされています。また、フロントには機械式デフ、足には標準より10mm下げられたスポーツ・サスペンション、18インチと19インチのアルミホイール、専用4ピストンブレーキといったアイテムが、パワーを活かした、さらなる高次元の走りを実現してくれます。

またエクステリアもJCW専用のフロントとリヤのスポイラーや円ブラムなども用意されており、見た目もスポーティにブラッシュアップされているのも魅力でしょう。

動画もどうぞ!クラブマン史上最強スペック!MINI JCW CLUBMANを徹底チェック!チャンネル登録もよろしくお願いします!

2013年に第三世代となったミニ・クラブマン。その中でも歴代最強とされる、ジョンクーパーワークスが登場し、直列4気筒、2リッターエンジンで、最高出力306PS、最大トルク450Nmというスペックを誇るエンジンを搭載しています。このエンジンは、先日紹介したBMW M135i xDriveと同スペックになります。さらに、プラットフォームもBMW1シリーズと同じであるこのクラブマンは、果たしてどんな走りを見せるのか?また違いは?河西啓介が迫ります。

BMW M135i xDriveの解説動画はこちら⬇️
2L、直4ターボで306馬力!BMW M135i xDrive FR→FFへ!メリット・デメリットは?【試乗・解説】

鈴木 ケンイチ

モータージャーナリスト。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。最近は新技術や環境関係に注目。年間3~4回の海外モーターショー取材を実施。レース経験あり。毎月1回のSA/PAの食べ歩き取材を10年ほど継続中。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)

鈴木 ケンイチ