最強のGT-R?日産 R32型 スカイラインGT-Rの強さと速さの理由に迫る!

R32 GT-R

日産 スカイライン GT-Rは1969年に初代モデルが登場して以来、多くのファンを虜にしてきました。R34型を最後にモデル名から「スカイライン」の名は外れてしまったものの、GT-Rは未だに日産の代表的な名車として知られています。

今回は2019年に50周年を迎えたGT-Rのラインナップの中でも、特に人気の高いR32型 スカイラインGT-R(以下R32型GT-R)を取り上げます。

Chapter
そもそも日産 スカイラインとは?
日産 スカイラインに設定されたGT-Rとは?
日産 R32型GT-RはGT-Rとして16年ぶりの復活
日産 R32型GT-Rの29戦29勝の伝説
日産 R32型GT-Rは901運動で誕生した代表的なモデル
日産 R32型GT-Rは「技術の日産」を体現するようなモデル

そもそも日産 スカイラインとは?

日産 スカイラインは、1957年から生産されている人気のスポーティセダンで、ライバルに比べ、先進的なメカニズムや優れた走行性能という共通した特徴を持っています。世代によっても異なりますが、4ドアセダンや2ドアハードトップ・ステーションワゴンなどのボディバリエーションが存在しています。

歴代のスカイラインには、初代に設定されたスカイライン・スポーツや2代目モデルのGTをはじめ様々な高性能グレードが存在しますが、その中でもGT「Racing」仕様として特に高い走行性能を誇るのがGT-Rです。

日産 スカイラインに設定されたGT-Rとは?

スカイラインGT-Rは、2代目スカイライン(S5型)の高性能版であったプリンス・スカイラインGT-Bをルーツにもち、3代目スカイラインのC10型をベースとして1969年に初めて設定されました。

このモデルは「ハコスカ」の愛称で親しまれ、高い人気を得ており、現存する個体は今なお熱狂的なファンに愛されています。走行に必要のない装備は省略され、とことん走りを追求している点が特徴です。

またGT-Rとして2代目となるKPCG110型も「ケンメリ」という愛称で親しまれていましたが、先代から引き続き採用されたS20型エンジンが排ガス規制に適合できず、生産されたのはわずか197台といわれています。そのため希少性が非常に高いモデルとして知られています。

その後は高性能グレードでも「GT-R」を名乗るモデルが存在せず、16年の時を経てGT-Rの名前が復活したのが1989年に登場したR32型なのです。そして、R33型、R34型と進化を続けたのち、2002年に販売終了となります。その後スカイラインの名がとれた日産 GT-R(R35型)が後継車として2007年に登場し、現在まで販売されています。(2020年7月時点)

<次のページに続く>
次ページ
日産 R32型GT-RはGT-Rとして16年ぶりの復活
商品詳細