日産 マーチの特別仕様車を紹介!

日産 マーチは1982年に初代モデルが登場し、コンパクトボディにおしゃれなデザイン、どんな人でも運転しやすい操縦性と軽やかな走行性が多くの人を魅了し、幅広い層から人気を博したコンパクトカーです。

日産を代表する1台といっても過言ではないほど、モデルチェンジを繰り返しながら長い歴史の中で進化を続けています。そんなマーチにはマーチをベースとした特別仕様車が存在します。マーチのおしゃれな特性を活かして、さらに洗練された特別仕様車に注目してみました。

文・PBKK

Chapter
30台限定の特別仕様車 ボレロ
ボレロはインテリアもクラシックでおしゃれ
特別仕様車 30th Happiness も
30th Happinessのインテリアは専用カラーのローズベージュ

30台限定の特別仕様車 ボレロ

日産 ボレロ

マーチといえばおしゃれなコンパクトボディです。取り回しの良いボディにかわいさを全面に押し出した親しみのあるエクステリアデザインは女性をはじめ多くの人の心をキャッチしています。

そのマーチのおしゃれなボディにエレガントさを加えたのが、特別仕様車 ボレロです。ボレロはオーテックジャパンが創立30周年記念のモデルとして作り上げました。オーテックは日産の架装子会社であり、ボレロの他にもマーチ ニスモや福祉車両なども手がけています。

多くの高度な特別仕様車を手がけてきたオーテックが作り上げたボレロは今後「名車」として歴史に名を残しそうなほど特別なモデルに仕上げられています。なんといってもボレロはわずか30台限定。車名にある「A30」も「AUTEC(オーテック)」の頭文字をとり、30周年と30台にちなんで付けられました。

マーチの特徴である最小回転半径4.5mを実現するコンパクトボディをボレロもそのまま受け継いでいますが、車体全長はボレロの方が長く、室内寸法もマーチよりも広げられています。そのためコンパクトボディながらも広い室内空間を実現し、上質なインテリアの効果もありラグジュアリーな居住空間が広がっています。

また乗り心地に直結する走行性能の部分でもボレロは優れています。オーテックの職人が慎重に手組みした「1.6リッター自然吸気エンジン」が搭載され、力強く速い走りを魅せます。軽快ながらも燃費効率も良く、23km/L(JC08モード)と低燃費を実現。かわいい見た目ながらも気持ち良い走りとユーザーからも高評価を得ている特別な1台です。

ボレロはインテリアもクラシックでおしゃれ

日産 ボレロ

ボレロの大きな魅力の1つであるおしゃれなボディデザイン。特徴であるフロントグリルはメッキ加飾のされたメッシュデザインとなっています。他にもメッキアウトサイドドアハンドル光輝モール付きのフロントバンパー存在感あるオーバーフェンダーなど細部までこだわりを見せ、洗練された大人の気品ある色気を漂わせています。

そんなボディデザインをより魅力的に演出するのがボディカラー。深みのある「ナイトベールパープル」、スタンダードで飽きさせない「ブリリアントホワイトパール」「ブリリアントシルバー」、上質な愛らしさをかもし出す「ナデシコピンク」の全4色が設定されています。

また見た目だけにとどまらず、インテリアも多くの人を魅了するデザインが採用されています。シートにはワインカラーを基調としたボーダー柄とライトグレーの2トーンカラーを採用。ライトグレーにより室内に奥行きと広がりを見せ、ボーダー柄のアクセントで引き締まった上質な空間を演出しています。

センタークラスターフィニッシャーもシートカラーと相性のいい貫禄のあるマーブルカラーで、存在感を与えながらも落ち着いた雰囲気が漂う室内空間に馴染むようなカラーを採用しました。オートエアコンやナビなどをひとつにまとめた配置も余計なものを感じさせず、シンプルながらもおしゃれで実用的となっています。

一見、ボレロは見た目のかわいさから女性をターゲットにしていると思われがちですが、この気品溢れるクラシックカラーの組み合わせは、若年層から高齢層まで幅広く人気を博し、特別なシーンはもちろん普段の日常をドラマチックに彩ってくれそうです。

次ページ
特別仕様車 30th Happiness も