日産 マーチの長所(メリット)とは?

経済的かつ使い勝手に特化したコンパクトカーは普通自動車の中でも人気あるクルマです。日産からも多くのコンパクトカーが販売されており、その中でもマーチは、クルマにあまり詳しくない方でも1度は車名を耳にしたことがある非常に有名な1台です。

ファッショナブルなデザイン性で女性をはじめ老若男女、幅広い層をターゲットにし、その運転のしやすさで免許取り立ての初心者から高齢ドライバーの心をぐっと掴みました。コンパクトなボディからは想像できないほどの魅力的な長所がたくさん詰め込まれているマーチ。今回はそんな日産 マーチの長所に焦点を当てて解説していきます。

文・PBKK

Chapter
マーチは日産を代表するコンパクトカー
運転しやすいコンパクトボディ
おしゃれなデザインと豊富なカラーリング
低燃費ながら軽快な走りを実現

マーチは日産を代表するコンパクトカー

日産 マーチ

日産 マーチは1982年に初代モデルが発売開始されました。基本デザインは、アルファロメオやBMW 3200CSなどのデザインを手がけたイタリアを代表するカーデザイナーのジョルジェット・ジウジアーロが行い、国内のキャッチコピーに「スーパーアイドル」が採用されるなど、非常にセンスの高いコンパクトカーとして登場しました。

今でも昭和の名車として紹介されるほど、コンパクトカーの歴史にマーチは名を強く刻んでいます。そのファッション性の高いデザインはマーチ2代目以降にも受け継がれ、現在でも「マーチといえばおしゃれなクルマ」で人気を博しています。2代目であるK11型は、強い押し出しに丸みを持たせ、初代モデルよりもやわらかな印象です。

1992年グッドデザイン賞を獲得し、マーチの快進撃は続きます。もちろん優れているのはデザイン性のみならず当時では珍しい欧州の走行性能や快適性に着目し、合理的なパッケージを実現させたことでコンパクトカー市場を一世風靡し「コンパクトカーの革命児」を呼ばれたほどです。

マーチの印象が一新されたのは3代目であるK12型。2002年に2度目のフルモデルチェンジが行われ、ボディデザインが大幅に変更されました。ルーフからボンネットまで続く流れるようなラインに丸みを帯びたシルエット、くりくりとしたカエルの目のようなヘッドランプで個性豊かなエクステリデザインへと生まれ変わっています。

他では見たことのないような独特なフロントフェイスは国内だけではなく国外でも人気を博し、再び2002年グッドデザイン賞を獲得。現在でもファンの多いマーチK12型です。現行モデルである4代目はこのK12型のDNAを受け継ぎ、かわいさの中にもスタイリッシュさを交え、存在感あるモデルに仕上げられています。

運転しやすいコンパクトボディ

日産 マーチ

マーチの大きな特徴として挙げられるのがコンパクトなボディサイズです。やや強い押し出しで存在感がありながら、ハッチバックのリヤには丸みを持たせ、スマートかつコンパクトに仕上げられています。そのコロンとしたフォルムはまるでおもちゃのクルマのよう。

優れたデザイン性ながら小回りの利くコンパクトボディで、運転しやすいと多くのユーザーから高評価を得ており、初心者におすすめできるエントリーモデルとしても人気を集めています。マーチの車体寸法は、全長3,780mm×全幅1,665mm×全高1,530mm

日産の販売するコンパクトカーの中では、全長・全高はトップに短く、小さく設計されています。全長が短ければ短いほど取り回しに優れており、それに加えてマーチは運転席から盛り上がったフェンダーとボンネットが確認できるので、より操縦性が高いコンパクトカーといえます。そして、なんと言ってもマーチの最小回転半径は4.5m

同じく日産から販売されているハッチバック型のノートは4.7mなので、0.2mとわずかながらもマーチの方が優れた小回りの良さです。マーチがコンパクトボディで運転しやすさに特化していることは十分わかりました。でもコンパクトカーって室内が窮屈なのでは?なんて方もいるのではないでしょうか。

マーチは室内にも運転のしやすさを沢山散りばめています。前席は、後席よりもやや幅広く設計されており、自然な姿勢で運転できるコックピットを実現。また自分の心地良いドライビングポジションを決められる「運転シートリフター」や高さの調節ができる「チルトステアリング」も装備しており、ドライバーには嬉しい機能が満載です。

狭い道でのクルマや歩行者とのすれ違い、曲がり道や縦列駐車などの際に、能力を最大限発揮する日産 マーチ。普段の日常から仕事、レジャーまで幅広いシーンで乗りこなせそうです。

次ページ
おしゃれなデザインと豊富なカラーリング