日産 マーチのインパネは機能が満載!

1982年に初代モデルが発売開始され、コンパクトカー市場を一世風靡したマーチ。丸みのあるかわいいボディに親しみのあるフロントフェイスが特徴です。マーチはコンパクトながらも大人4人乗車に対応する広々とした室内空間を実現しています。そんな室内空間には使い勝手に優れた機能が満載。

とくに運転するときに情報を確認したり車内環境を向上させるインパネには多彩な機能が豊富に詰まっています。今回はそんな日産 マーチの便利なインパネについてご紹介します。

文・PBKK

Chapter
欲しい物にすぐ手が届く便利な収納機能
空調を簡単調節できるマニュアルエアコン
クルマの走行状況が確認できるメーターディスプレイ
車からのお祝いのメッセージでドライブをもっと楽しく
インパネ機能がもっと使いやすくなる運転席機能
マーチのインパネ機能はシンプルながらも多彩で充実した装備!

欲しい物にすぐ手が届く便利な収納機能

日産 マーチ

ドライバーが安全で快適な運転をするために重要なのがインパネに装備された機能です。マーチのインパネにはドライバーが運転しやすくなるような機能が豊富に装備されており、中でも収納機能はシンプルながらも使いやすいと評判です。

日産 マーチ

助手席前に装備されているのは上から「インパネアッパーボックス」「インパネアンダーボックス」「グローブボックス」です。

インパネアッパーボックス」は水平基調のインパネを邪魔させない設計となっており、ボックスのフタを開くとそこそこ奥行きのあるスペースが現れます。一見、コンパクトに見えますが、深さもあるのでボックスティッシュも収納できるようになっています。

インパネアッパーボックスのすぐ下に設けられている細長い「インパネアンダーボックス」は、小物を気軽に入れておくことができます。フタ付きのインパネアッパーボックスとは違い、頻繁に使うメガネケースやハンカチなど、サッと取り出してすぐしまえる便利なスペースとなっています。

助手席に乗車した人はドライブ中に簡易的な飲食スペースとしても使用できますね。そして一番下に位置し、大容量の収納を実現するのが「グローブボックス」です。車検や保険の書類、折りたたみ傘など普段は使わないけど常備しておきたいいろいろな物をすっきりとコンパクトに収納しておくことができます。

日産 マーチ

インパネ中央下部に配置されているのは「フロントカップホルダー」です。タンブラーを2つ並べておけるようになっており、深みもありしっかりと支えられているため、運転中にドリンクが溢れる心配がありません。

大多数のクルマはインパネ上部のドライバーの視界に入る場所にドリンクホルダーが設置されていますが、マーチの場合は下部に設置されています。前方に設置されている物が減るだけで視界を遮らず運転しやすくなります。

また助手席に乗車している人にとってもクリーンな視界を実現しさらにドライブが楽しくなります。もしものときも上から溢れると車内が広く汚れてしまいますが下部だと被害が軽減できて安心です。

日産 マーチ

ちなみにインパネではありませんが、フロントドアにもドリンクホルダーは設置されているので、ドリンクの予備などを収納することができます。マーチのインパネに装備された収納機能は細やかな部分まで気が利いていて、乗車したすべての人が快適に過ごせる室内を演出しています。

空調を簡単調節できるマニュアルエアコン

日産 マーチ

マーチのエアコンには「マニュアルエアコン」が全車標準搭載されています。インパネ中央に位置し、ドライバーも助手席に乗車した人も手を伸ばせばすぐに空調を調節できるとようになっています。

インパネはグレードによってインテリアカラーが異なりますが、そのときのインパネに合わせたカラーをエアコンにも採用し、一体感のあるデザインとなっています。あまりエアコン部分に存在感があるとごちゃごちゃしてうるさくなるなどスタイリッシュさに欠けますが、同色と馴染ませることでスマートな印象を与えています。

操作感をしっかりと感じさせるダイヤル式で、どこかレトロでかわいい雰囲気です。できるだけシンプルに設計されているマニュアルエアコンは、どこにでもあるようなスタンダードなエアコンに見えますが、必要な表示のみを表したり主張を少なくすることで毎日の乗車の際でも飽きさせない工夫が施されています。

日産 マーチ

マニュアルエアコンのほかに「オートエアコン」もメーカーオプションで設定できるようになっています。よりスタイリッシュでコンパクトデザインとなっています。オートエアコンは温度を設定すると自動的に快適な室温にしてくれるという機能です。

タッチ感をしっかりと感じるボタンで、マニュアルエアコンとはまた違った操作の楽しみ方があります。どちらのエアコンタイプも便利で、マーチの車内環境を整えてくれる重要な機能の1つです。

クルマの走行状況が確認できるメーターディスプレイ

日産 マーチ

マーチのメーターディスプレイは現在のクルマの走行状況が表示されます。この情報があるだけでより運転しやすくなるのでドライバーにとっては非常に嬉しい機能です。

日産 マーチ

マーチは高速道路の渋滞などでエンジンを一時的に停止し、ガソリン消費を抑えるアイドリングストップを採用しています。信号待ちなどの一時停車中もブレーキを踏み続けることでエンジンが停止し、また急な坂道でもアイドリングストップを行います。ブレーキを離せば0.4秒でエンジンを再発進させ、スムーズに走ることができます。

アイドリングストップは排気ガス量が抑えられることからエコ走行を実現。またエンジン停止時や再発進時のわずらわしい振動音などを抑えることができます。そんなアイドリングストップの状況を運転席前方のメーターにより一目で確認できるのが「アイドリングインジゲーター」です。

日産 マーチ

エンジンがしっかりと暖まり、車速が20km/h以上になるとメーター内のインジゲーターが点灯します。またアイドリングストップの精算時間やガソリンの節約燃料まで、ディスプレイに細かく表示し、現在のアイドリングストップ状況をドライバーに知らせます。

またほかにも便利な表示機能として「タイヤアングルインジゲーター」も採用しています。

タイヤアングルインジゲーターは、運転席からは確認しづらいタイヤの向きステアリングの切れ角進行方向を表示します。駐車時に前進とバックを繰り返して、タイヤの向きが分かりづらくなったときも一目で確認できます。ペーパードライバーや駐車が苦手な方が活用すればスムーズに駐車できて安心です。

次ページ
車からのお祝いのメッセージでドライブをもっと楽しく