日産 マーチの欠点(デメリット)とは?

1982年の初代モデル登場以来、そのおしゃれなコンパクトボディで多くの人の心を掴んできたマーチ。シンプルで使い勝手の良いクルマとして親しまれてきました。当時マーチはコンパクトカー市場を一世風靡し、他社もコンパクトカーに力を入れ、いろいろなコンパクトカーが数多く排出されたことも有名です。

そんな日産を代表するコンパクトカーであるマーチには、あらゆる魅力が詰め込まれていますが、改善を願われる欠点も存在します。実際にマーチは同社から販売されている同じく5ドアハッチバック型のノートにやや追い上げられている印象です。

おしゃれなカラーリングでデザイン性にも定評があるマーチですが、どのような点が改善されれば乗り続けたい1台になるのでしょうか。今回は、日産 マーチの欠点について注目しました。

文・PBKK

Chapter
走行性能が弱い?
安全装備が少ない?
エクステリアデザインがチープ?
室内空間が窮屈?荷室が狭い?

走行性能が弱い?

日産 マーチ

マーチは2010年に3度目のフルモデルチェンジが行われ、新プラットフォームや新生代のCVTを採用し、走行性能を向上させました。エンジンにも新開発の「HE12DE型直列3気筒DOHC」が搭載されています。

マーチ従来のエンジンは4気筒エンジンが搭載されていましたが、気筒数を少なくしたことで力強い低回転域を実現し、燃費向上にも繋がると期待されました。

しかし「3気筒エンジンの独特の振動音が気になる」「4気筒エンジンに比べ3気筒エンジンは走行性のスムーズさが欠ける」といったユーザーからの不満の声もあり、マーチの走行性能の評価は下がりつつあります。

同じく日産から発売されているコンパクトカー、ノート。マーチと同じ3気筒エンジンを搭載しています。しかしノートの場合は、大きく分けて2つの強い馬力を持ったエンジンが搭載されています。1つめはマーチのエンジン同様の79馬力あるエンジン、2つめは98馬力の最高出力を発生させるエンジンです。

これに加えて、モーターを搭載した「e- POWER」も採用。ノートには3種類の動力源が設定されており、この点がマーチの走行性能と大きな差をつけました。しかしマーチはノートと比べ、馬力は落ちますが車両重量が軽いため、軽快な走りを実現できます。

どっしりとした安定感ある走りを求めるならばノート、柔らかで軽やかな走りを実現したいならマーチ、といった様相。日常の街乗りに重点を置いているマーチならではの欠点です。

またマーチの先代モデルまでに搭載されていた4気筒エンジンと3気筒エンジンを比べる声もありましたが、現在では大きい排気量でも3気筒エンジンを搭載するクルマが増えています。エンジン内部の抵抗を少なくし、エンジンの重量を軽くするため、燃費の向上にとっては有利です。

安全装備が少ない?

日産 マーチ

日々、運転する中で、前のクルマや歩行者にぶつかりそうになったり、発進時にアクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いをしてしまうなど、ヒヤリとする場面に遭遇することも時にはあります。

さらに近年、高齢化が進んだことで高齢ドライバーの誤動作による事故が増えました。しかし現在はそのような場面でも安全運転をサポートしてくれる安全予防技術を標準装備したクルマが多く販売されています。日産 リーフやセレナ、デイズなど日産にも先進安全予防技術「衝突被害軽減ブレーキ」を装備したモデルが数多く存在します。

自動ブレーキ機能に加え踏み間違い衝突防止アシスト機能を装備した安全運転サポートカー「サポカーS(セーフティー・サポートカーS)」として国土交通省から認定されており、ドライバーがどんなときでも快適に運転できるようにサポートしてくれるので非常に安心です。

しかしながらマーチにはこのような先進安全予防技術は装備されていません。2013年のマイナーチェンジで充実した安全機能の装備が期待されましたが、パワートレインなどの改良でとどまりました。

世界で活躍するグローバルカーにしては時代に取り残されている印象です。また、同じく日産のコンパクトカーであるノートには安全予防技術の装備がされており、マーチは国産コンパクトカーや軽自動車からも遅れをとっているのが目立ちます。

ですが、マーチも安全機能が全くないわけではありません。自動ブレーキなど衝突事故の防止に直結して役立つ機能は装備されていませんが、走行する際の環境を整えるような安全機能は装備されています。

インテリジェント オートライトシステム」は雨天時や夜間など周囲が薄暗くなり視界が悪くなってきた際に自動でヘッドライトを点灯させます。さらに、自車をライトにより目立たせ、周囲の車や歩行者に注意喚起することで事故軽減の効果が期待できる「おもいやりライト」機能も付いています。

また、万が一のときにも、クルマをコントロールして事故回避に繋げる「EBD(電子制御制動力配分システム)+ABS(アンチロックブレーキシステム)+ブレーキアシスト」や「VDC(ビークルダイナミクスコントロール)」などの毎日の運転に便利な安全機能が装備されています。

次ページ
エクステリアデザインがチープ?