日産 マーチの前後座席(シート)の使い勝手は?

丸みのあるかわいいデザインと小回りの利く運転しやすいコンパクトボディで、女性ドライバーや運転初心者からシニア世代など、幅広い層からの人気を獲得している日産のマーチ。映画に登場しそうなおしゃれなカラーバリエーションが魅力です。

洗練された存在感を放つボディデザインが印象的ですが、インテリアデザインもまたモダンに仕上げられています。デザイン性に富んだマーチですが、座席の使い勝手は果たして良いのでしょうか。今回はマーチの前後座席の広さや使いやすさについてご紹介します。

文・PBKK

Chapter
コンパクトカーの金字塔!マーチとは?
コンパクトなのは見た目だけ!マーチの前後座席の広さ
操作しやすい快適な運転席
欲しいものがすぐそこに。便利な収納機能

コンパクトカーの金字塔!マーチとは?

日産マーチ

日産 マーチの初代モデルは1982年に登場。低価格でシンプルながらも十分な使いやすさを持つコンパクトカーとして一世を風靡しました。国内ではコンパクトカー市場を活発化し、これを機にマーチに続いて他社がさまざまなコンパクトカーを投入したといわれています。

登場以来、幾度も改良を重ねられ、歴史ある4台目の現行モデルは2010年にモデルチェンジが行われています。車体サイズは初代モデルからあまり変更せず、デザインや操作性、燃費向上に焦点を当てて、どんな人でも運転しやすいクルマを実現

今は、収納機能に特化したスーパーハイトワゴンなどさまざまな軽自動車が登場していますが、マーチのように無駄な物を無くし、足取り軽くどこへでも連れて行ってくれそうなコンパクトカーも実に魅力的です。

日産の公式サイトに足を運ぶと一目で確認できますが、そのバリエーション豊かなボディカラーに心を掴まれます。性別問わず多くの人に愛される深みのあるカラーが揃っており、選ぶ楽しみを与えてくれます。お気に入りのカラーが、日常をさらに彩ることでしょう。

コンパクトなのは見た目だけ!マーチの前後座席の広さ

日産マーチ

小回りが利くマーチは、市街地でのすれ違いや立体駐車場などで駐車をスムーズに行えるなど、コンパクトカーの能力を最大限に発揮します。またしかしそこで気になるのは室内のサイズです。ハッチバックタイプであるマーチの室内はどのような空間が広がっているのでしょうか。

車体寸法
全長3,825mm×全幅1,665mm×全高1,515mm
室内寸法
室内長1,905mm×室内幅(前席)1,350mm×室内幅(後席)1,245mm×室内長1,270mm

日産 マーチ 2017

軽自動車の規格、全長3,400mm×全幅1,480mm×全高2,000mmに比べ、全高は軽自動車が上回りますが、全長と全幅はマーチの方が少し大きくつくられています。それによりコンパクトボディの見た目からは想像できない広い室内空間が確保されています。

マーチの室内幅は前後席で寸法が異なり、前席の足もとにはゆとりを持たせ、ドライバーが運転しやすい構造となっています。また運転席と助手席の間にギアとサイドブレーキを設置したことにより、前席で肩を並べて座っても窮屈さを感じさせません。後席は前席と比べ、ややコンパクトな印象ですが、大人2名で乗るには十分な広さです。

インテリアデザインにも工夫が施され、グレードにより色が異なりますが「プラム」「ナチュラルグレー」「ブラック」が設定されています。シートも、高品質で防水加工、さらに肌触りの良いクロスシートを採用しました。モダンですっきりとしたインテリアカラーで、圧迫感のない上質な空間を演出しています。

次ページ
操作しやすい快適な運転席