【プロ徹底解説】BMW 新型1シリーズはアンダー知らず?ARBなど新しいシステムやエンジンに迫る

2019年に登場した、3代目となる、BMW 1シリーズ。BMWのエントリーモデルとしてラインナップされている1シリーズですが、最大のトピックスといえば、後輪駆動を貫いてきた1シリーズもついに前輪駆動へと駆動方式を変更したことでしょう。そのため、前輪駆動方式の採用により、後部足元のスペースが約40mm広くなり、ラゲッジ・ルームの容量は20L 増加し、380Lとなり、後席を倒すと最大1,200L まで拡大。Qi 対応の機器(スマートフォン等)を充電できるワイヤレス充電機能を全車に標準装備。また、「OK, BMW」と呼べばクルマ側が反応してくれる最新のインフォテイメントシステムを搭載するなど、今回は、外装、内装、安全装備、グレード別の違い、人気カラー、座席や荷室(ラゲージスペース)、オプション装備にライバルまで。などあらゆる視点からBMW 1シリーズをひも解いていきます。登場車種はその中でもトップグレードのM135i xDriveです。

文/写真・萩原文博

Chapter
M135iには、最高出力306PS、最大トルク450Nmを誇るエンジンが備わる
BMW 118iなどに採用されている1.5L直3ターボエンジンはどんな内容?
FFの独特のアンダーを消す?"ARB"システムとは?
動画でもお届け!BMW M135i xDrive by CARPRIME

M135iには、最高出力306PS、最大トルク450Nmを誇るエンジンが備わる

BMW M135i xDrive 萩原文博

新型BMW1シリーズに搭載されているエンジンは、今回試乗したM135i xDriveには2L直列4気筒DOHCガソリンターボ。そしてベーシックな118iには1.5L直列3気筒DOHCターボの2種類が用意されています。ここでは新型1シリーズに搭載されているパワートレインについて紹介しましょう。 まずは、M135i xDriveには2L直列4気筒DOHCガソリンターボエンジンからです。

BMW M135i xDrive 萩原文博

B48A203型という2L直4気筒ターボエンジンは、最高出力306PS、最大トルク450Nmを発生する2Lクラスの中でもトップレベルのハイパワーエンジンです。BMW独自の技術である無段階可変バルブ・リフトのバブルトロニックをはじめ、吸排気無段階可変バルブ・タイミングのVANOS、高精度ダイレクト・インジェクションシステム、ブレーキ・エネルギー回生システムの充電制御などテクノロジーが搭載。

BMW M135i xDrive 萩原文博

さらにBMW独自のツインパワー・ターボ・テクノロジーを採用。これはガソリンエンジンで、高圧の燃料を燃焼室に直接噴射する高精度ダイレクト・インジェクション。システムに革新的なターボ・テクノロジー、バルブトロニック、ダブルVANOSを組み合わせることにより、効率を高めてエンジンの全回転域において、傑出しパフォーマンスとレスポンスを実現し、燃料消費量を軽減しています。

BMW M135i xDrive 萩原文博

したがって高出力とWLTCモードで12.0km/Lという優れた燃費性能を両立できるのです。 このハイパワーな2Lエンジンに組み合わされるトランスミッションは8速ATで、ハンドルに装着されたパドルシフトによってハンドルから手を離すことなく素早いシフトチェンジが可能となっています。

BMW M135i xDrive

駆動方式はxDriveと呼ばれるBMW独自のインテリジェント4WDシステムを採用。降雪や凍結路など様々な条件によって変化する路面状況に対応し、常に卓越したトラクションを実現します。ステアリングの切れ角やホイールの回転速度といった車両データから、アンダーやオーバーステアなどの危険性を冊子すると、電子制御式多板クラッチを用いて、前後アクスルへ瞬時に駆動力を最適に配分。

その結果、優れた走行安定性を確保してくれます。さらに、新開発の機械式LSDを標準装備し、よりスポーティな走りを実現させています。 続いては118iに搭載されている1.5L直列3気筒DOHCガソリンターボエンジンです。

BMW 118iなどに採用されている1.5L直3ターボエンジンはどんな内容?

BMW 118iプレイ 萩原文博
BMW 118iプレイ 萩原文博

B38A15Aと呼ばれる1.5L直3ターボエンジンは、2Lエンジンと同様にアルミニウム合金製のクランク・ケースを採用しています。最高出力140PS、最大トルク220Nmを発生し、WLTCモード燃費は13.7km/Lと高出力と低燃費を両立したバランスの取れたのエンジンです。

BMW 118iプレイ 萩原文博

この1.5L直3ガソリンターボエンジンに組み合わされるトランスミッションは7速DCT(ツインクラッチシステム)で駆動方式はFFとなります。

FFの独特のアンダーを消す?"ARB"システムとは?

BMW M135i xDrive 萩原文博
BMW M135i xDrive 萩原文博

また、新型1シリーズには日本に導入されているBMWとして初採用となるタイヤスリップ・コントロール・システムのARBが搭載されています。ARBはエンジンコントロールユニットで直接スリップ状況を感知し、横滑り防止装置のDSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)を経由することなく、以前より約3倍の速さでその信号をエンジンに伝達する機能です。

BMW M135i xDrive 萩原文博

FF車特有のカーブを曲がる際にクルマが外側に膨らんでしまうアンダーステアを大幅に抑制し、より俊敏な走りを味わえるようになっています。

動画でもお届け!BMW M135i xDrive by CARPRIME

2019年に登場した、3代目となる、BMW 1シリーズ。BMWのエントリーモデルとしてラインナップされている1シリーズですが、最大のトピックスといえば、後輪駆動を貫いてきた1シリーズもついに前輪駆動へと駆動方式を変更したことでしょう。そのため、前輪駆動方式の採用により、後部足元のスペースが約40mm広くなり、ラゲッジ・ルームの容量は20L 増加し、380Lとなり、後席を倒すと最大1,200L まで拡大。Qi 対応の機器(スマートフォン等)を充電できるワイヤレス充電機能を全車に標準装備。また、「OK, BMW」と呼べばクルマ側が反応してくれる最新のインフォテイメントシステムを搭載するなど、今回は、外装、内装、安全装備、グレード別の違い、人気カラー、座席や荷室(ラゲージスペース)、オプション装備にライバルまで。などあらゆる視点からBMW 1シリーズをひも解いていきます。登場車種はその中でもトップグレードのM135i xDriveです。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ