【東京オートサロン2020】ブリッツブースでは、最新のサスペンションアイテムや同社デモカーのGRスープラを展示!西ホール1へ!

東京オートサロン2020の西1ホール「ブリッツ」ブースでは、注目のサスペンションアイテムが登場!さっそくその内容をご紹介しよう。

文・写真/栗原 祥光

TAS2020 ブリッツ

同社車高調の減衰力を自動可変させるDAMPER ZZ-R SpecDSC PLUSは、サスペンションの減衰力を電動で車内から変更可能。

TAS2020 ブリッツ

現行品をリニューアルし、GPSやGセンサーを着けることでクルマの動きに対して自動的に減衰力を調整することを可能とした。

TAS2020 ブリッツ

「乗車人数によって乗り心地は変わってきます。ミニバンなどは人を乗せた時と乗せない時では動きが全然違う。ワンタッチで切り替えてもらえれば」と担当者は操作の手軽さもアピールした。

TAS2020 ブリッツ

コントローラーも新しくなったが価格は据え置きを予定しているようだ。発売は夏季を予定しているという。

TAS2020 ブリッツ

GRスープラチューンにも同社は力を入れている。給排気やサスペンションのみならず、ワイドボディキットの発売も予定している。ちなみにフロント30ミリ、リア50ミリと大きく張り出したフェンダーは、とてもグラマラスだ。

TAS2020 ブリッツ

GRスープラ以外にも、スカイライン400Rのチューニングも開始。こちらもボディキットや給排気、車高調といったアイテムを開発している。今後はエンジンチューンにも手を入れる予定で、現在ブーストアップの研究を行っているということだ。

TAS2020 ブリッツ

ユニークな製品としては、マフラーのテールエンドを交換式にしたアイテム『NUR-SPEC CUSTOM EDITION』。現在、マフラーのテールエンドは、チタンやカーボン、ステンレスなど多種あるが、一度取り付けると交換することは不可能。買ってみたけれど想像と違っていた、車庫入れ時にマフラーに傷を付けた、という場合は買い換えるしかなかった。

だが、『NUR-SPEC CUSTOM EDITION』は、「チタンカラーのVSR」「オールステンのVS」「新開発のカーボンレッド」と3パターン用意。これにより交換後もカラー変更が可能になった。

またボディにエアロパーツを装着した際に突出量の再調整も可能とのこと。この他にも様々なアイテムが並ぶブリッツのブース。ぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

栗原 祥光|くりはら よしみつ

中央大学理工学部卒。通信機器メーカーにて回路設計をした後、長年の趣味であったオーディオへの夢を追い求めて専門雑誌の編集者へと転職。その後、一般誌の編集を経て現在フリーランスのカメラマン&ライターとして主にWeb媒体で活動する。モータースポーツのレポートや新車試乗記のほか、グルメやエンタメ系など幅広い分野で執筆中。

栗原 祥光|くりはら よしみつ