【窓ガラスは割れるのか】水没でクルマに閉じ込められたらどう脱出する?

台風などで水害が発生すると自分のクルマが水没してしまい、閉じ込められてしまう可能性があります。閉じ込められてしまった場合は、急いで脱出を行わないと命を落としてしまうかもしれません。

そこで今回はクルマが水没したらどう脱出するのか、その方法を分かりやすく解説していきます。

文・PBKK

Chapter
窓ガラスを割る方法とは
水没でクルマに閉じ込められたときの脱出方法

窓ガラスを割る方法とは

車の窓ガラスの写真

クルマが水没したとき、確実なのは窓を割って脱出する方法です。JAFの検証では120cmまでの水没であれば女性でもドアを自力で開けることが出来ましたが、水没が進んでいる場合は窓を割ることで助かる可能性が上がります。

しかしクルマの窓ガラスというのは特殊仕様で、簡単には割れません。ただし1点に集中して思い切り力を掛けた場合、割れやすくなります。

この車の窓ガラスの特性を利用した、「緊急脱出用ハンマー」というのが販売されています。先端に針のような金属部分を持つこのハンマーで窓ガラスを勢いよく叩けば、がむしゃらに適当なモノで叩くよりもガラスが割れて脱出できる可能性が高まります。

緊急脱出用ハンマーで窓を割る時の注意点
フロントガラスは他のガラスよりも頑丈な仕組みになっており、緊急脱出用ハンマーで割るのも難しいです。緊急脱出用ハンマーを使う場合は、サイドガラスかリアガラスにしましょう。

次ページ
水没でクルマに閉じ込められたときの脱出方法