前が見えないほどの雨!運転中突然のゲリラ豪雨に遭遇したときの対処法

もし運転中に突然ゲリラ豪雨に遭遇してしまったらあなたならどう対処しますか?

いち早く帰路につく人もいれば、過ぎ去るまで待機していたりと人それぞれ対処の仕方も変わってきます。自分だけが運転しづらいわけではなく、その場の全てのドライバーの条件は同じため、事故やトラブルを防止するには「ゲリラ豪雨での運転時の対処法」の認識を統一することが必要です。

今回はJAFや各保険会社が公表している対処法についてご紹介します。

文・PBKK

Chapter
運転中のゲリラ豪雨の対処方法
ゲリラ豪雨の前兆は?
ゲリラ豪雨後はそのまま走行しても大丈夫?

運転中のゲリラ豪雨の対処方法

ゲリラ豪雨1

車を運転中でもゲリラ豪雨は突然やってきます。走行中であれば車を置いて避難することもできないため、正しい行動をとる必要があります。基本的な対処方法は以下の通りです。

1.停めやすい場所を見つけハザードランプをつけゆっくり停車する。
2.高架下やアンダーパス、深い水たまりへの進入をしない。
3.河川や用水路沿いを走行しない。
4.スピードを出さない。
5.日中でもライトをつける
6.トンネル出口付近は突風に注意する。

最もしてはいけないことは、いち早くゲリラ豪雨から抜け出すためにスピードを出して走行することです。

理由は、ハイドロプレーニング現象と呼ばれる現象を防ぐためです。ハイドロプレーニング現象は、タイヤと地面との間に水があることにより浮いた状態になっているため、ブレーキの制動距離が長くなり大変危険です。

また、スピードを出すことによりエンジンルーム内にはより多くの雨水が侵入するため、エンジン内部にまで水が入ってしまうとエンジンが故障し、走行不能になる可能性があります。

次ページ
ゲリラ豪雨の前兆は?