ソフトトップとハードトップ、オープンカーにはどちらがおすすめ?

オープンカーは屋根を開けることで開放的なドライブができ、走りを楽しみたいドライバーに人気があるクルマ。屋根をつければ雨の日でも安心して走行できるオープンカーには、「ソフトトップ」と「ハードトップ」と呼ばれる2種類の屋根の種類があります。

今回はソフトトップとハードトップの違いについて、そしてそれぞれのタイプがどういった方におすすめなのか解説します。

文・PBKK

Chapter
解放感のあるソフトトップのオープンカー
安全性や安心感を感じれるハードトップのオープンカー

解放感のあるソフトトップのオープンカー

ソフトトップ ロードスター

ソフトトップとは、布やビニールなどのソフトな素材を使っているオープンカーの屋根を指します。メリットは何と言っても車が軽量になること。軽量なため取り回しの点でも優れており、必要なときにいつでも着脱が可能で、着脱時にかかる負担が少ないので、力に自信がない方でも取扱が簡単です。

走りながら手間をかけず折りたたみたい場合は、電動式ソフトトップのモデルを購入すると便利です。また、折り畳み後もトランクのスペースを圧迫しないので、荷物をたくさん詰め込んでドライブを楽しめるというメリットもあります。

デメリットとしては、ハードトップに比べ劣化がしやすく、寿命が来たら屋根を交換する必要があるので、コストがかかってしまいます。また、屋根をつけたままスピードを出して走行すると、バタバタと音がするのでその音が気になる場合も。

またソフトトップは遮熱性や保温性がハードトップよりも低いため、暑いときには熱気が寒いときには冷気が、車内全体に伝わってしまうという点もネックになります。オープンカーらしさがあるといえる、ソフトトップのオープンカーは「解放感があるドライブしたい」といった方におすすめです。

次ページ
一方、ハードトップは…