軽自動車に軽油、入れるとどうなる?

軽自動車の魅力の一つといえば維持費が安いことですが、燃料費も抑えようと軽油を入れようとしていませんか?そう思っている方は、ご注意ください。軽油を入れてしまうと大きな出費となってしまう可能性があります。

文・PBKK

Chapter
なぜ軽自動車に軽油を入れてはいけないのか
軽油を軽自動車に入れるとどうなるのか
入れてしまった場合の対処

なぜ軽自動車に軽油を入れてはいけないのか

軽油

軽自動車に搭載されているエンジンは全てガソリンエンジンだからです。ガソリンと軽油のどちらも原料は石油ですが、よく燃えるために必要な温度が異なります。そのため、ガソリンエンジンでは軽油をうまく燃焼できずに様々な不具合が起こるのです。

・エンジンが重くなる
・排気ガスを浄化するための処理装置が必要になり経済性に劣る

の2つの理由から軽自動車には軽油を燃焼させるディーゼルエンジンが搭載されていません。

軽油を軽自動車に入れるとどうなるのか

軽油

タンクの中で軽油とガソリンが混ざってしまうと、燃焼効率が下がるため出力が大きく下がってしまい加速が鈍くなります。上り坂などの勾配が強い場所では車が動かなくなってしまう、といったような状況にもなりえます。

タンクに軽油以外入っていない場合は、黒いガスを吐き出しはじめ、最終的にはエンジンが停止してしまいます。旅先などでエンジントラブルに発展して、他人の車を巻き込んだりしたら大変なことになります。

次ページ
入れてしまった場合の対処