女性ユーザーを意識して作られたクルマ5選

一昔前までは「クルマは男性の乗り物」というイメージがありましたが、今では女性の使い勝手を意識して開発されたクルマも数多く発売されています。一方で、選択肢が増えたことにより、「購入を検討しているけれど、どれを選べばよいのか分からない…」という女性もいるのではないでしょうか。そんな方に向けて、メーカー別に女性向けのクルマを紹介します。

文・PBKK

Chapter
■1.トヨタ パッソ
■2.ホンダ N-BOX
■3.スズキ ラパン
■4.ダイハツ ミラトコット
■5.日産 セレナ e-POWER

■1.トヨタ パッソ

パッソ

パッソはフロントウインドウだけでなく、フロントドアやリヤドアのガラスが紫外線を99%カットしてくれるため、日焼けが気になる女性も安心です。

内装は広々設計になっており、天井も高いため圧迫感を感じにくくなっています。座席と背もたれ部分にはオプションでヒーターが搭載可能になっており、冷え性の女性の体を優しく温めてくれるのもポイント。オプション設定の「ナノイー・ドライブシャワー」は、弱酸性で保湿効果のあるナノイーを発生し、ドライブ中でも肌や髪をケアすることができます。価格目安は110万円~からとなっています。

■2.ホンダ N-BOX

女子カー

N-BOXは軽自動車のスーパーハイトワゴンの中では、スライドドアの開口幅が最長の640mmともっとも広く、乗り降りのしやすさも抜群です。さらに後部座席は左右別々に座面を跳ね上げることが可能となっており、チャイルドシートに子供を座らせてから、反対側の座席を跳ね上げてベビーカーをたたまずに積めるなど、育児中のママにも使い勝手の良い工夫がされています。

安全装備ではホンダセンシングを採用しており、アクセルの踏み間違いや車間距離などを自動で制御してくれるため安心感も大きいです。価格目安は138万円~となっています。

■3.スズキ ラパン

ラパン

ラパンは四角めのシルエットを採用しつつも、角は丸みを帯びさせており、内装も含めてかわいらしいデザインとなっています。リッターあたり35.6kmという軽自動車でトップクラスの燃費を実現しており、非常にお財布に優しいのも嬉しいポイントです。

その他にも、クルマを真上から見下ろす形で確認できる「全方位モニター」を搭載し、運転が苦手な方の駐車をアシスト。運転席側のエアコン吹き出し口からは弱酸性のイオンである「ナノイー」を放出してくれるため、運転中もお肌と髪をケアできます。価格目安は110万円~となっています。

■4.ダイハツ ミラトコット

女子カー

ミラトコットは、フロントピラーの角度を工夫することで死角を減らし、車両感覚がとても掴みやすいスクエアなボディとなっているため、運転に慣れていない方でも不安を感じることなく乗ることができます。また、徐行時のハンドル操作に必要な力を小さくすることで、車庫入れなどがスムーズに行えます。

さらに、軽自動車では初めてとなるパノラマモニターとコーナーセンサーを同時搭載し、縦列駐車をする際などには視覚と聴覚の両面から運転をサポート。安全技術面では、衝突回避時の操作を支援するシステム「スマートアシストIII」を搭載し、もしも衝突事故を起こしてしまった場合でも安心なSRSエアバッグを全グレードに標準装備しています。価格目安は107万円~となっています

次ページ
コンパクトだけじゃない!