知ってるけど使ったことがない、運転代行の使い方

電車やバスが夜中まで利用可能な都会に住んでいるとなかなか使うことがない運転代行サービス。地方出身者との何気ない会話の中で代行サービスの話になり驚かれることも。今回は、運転代行サービスの使い方についてご紹介します。

文・PBKK

Chapter
利用方法は電話1本!
黒部ダムと関係が?運転代行の歴史
気になる料金体系

利用方法は電話1本!

運転席 フリー画像

地方在住者の強い味方である運転代行サービスですが、仕組みは意外とシンプルで自動車ユーザーであれば誰でも利用することが可能です。代行サービスは、主に飲酒のために自分のクルマを運転することができなくなったドライバーに替わり、そのユーザーのクルマを運転するサービスのことです。

飲食店や利用客から連絡を受けた代行業者は、ドライバーが2名1組となりユーザーのもとへ向かいます。1名がお客様のクルマにお客様を乗せ運転を代行し、もう1名が運転する随伴車が追走します。そして、お客様を目的地まで送り届けた後、そのドライバーを随伴車にて回収し営業所へ戻ります。

黒部ダムと関係が?運転代行の歴史

黒部ダム フリー画像

その歴史は古く、全国運転運転代行協会が公開している情報によれば、ルーツは諸説あるものの「黒部ダム建設」との関わりがあるとしています。黒部ダム建設は大規模な国家的プロジェクトでした。そしてその建設のため、全国から建設員が集められました。

黒部の厳しい環境で暮らす工場従事者は、休日に富山の山奥から市内に出て飲食店でお酒を楽しみます。その際、行きは作業者を運転して市内へ降りたとしても、帰りは飲酒運転となってしまいます。それを考慮した飲食店側が、客の帰路の安全を確保するために考え出したのが、運転代行システムとしています。

次ページ
料金体系はどうなってるの?