炎天下でも車内温度を上げさせない方法

「猛暑日」や「酷暑日」といった炎天下では、クルマを駐車しておくと短い時間でもすぐに車内温度が上がってしまいます。そこで今回は夏場の悩みの種である、車内温度を上げさせない方法について紹介していきます。

文・PBKK

窓を少し開けておく

サンシェード

車内温度を上げさせない方法として、効果があるのは「窓を少し開けておく」方法です。1~3㎝ほど窓を開けておくことで、車内の空気が暖められても、外気と循環することにより、車内温度が上がりにくくなります。ただし、窓を開けてしまうことで、防犯上のリスクが伴ってしまいます。

なので、窓を開けて駐車する場合には、自宅のガレージなど、安全が確保された場所で行うようにしてください。

サンシェードを取り付ける

クルマの車内温度を上げない方法として、一番に思いつくのがサンシェードではないでしょうか。

しかし、サンシェードはあくまでダッシュボードの温度上昇を防ぐのが目的となっています。夏場のダッシュボードは、直射日光の当たる場所に駐車した場合、70℃以上まで温度上昇します。そこで、サンシェードを使うことにより、50℃程度まで温度上昇を抑えることができるのです。

サンシェードでダッシュボードへの直射日光を防ぐことで、ダッシュボードの温度上昇を抑え、それにより車内温度の上昇を緩やかにすることができます。

サンシェードの効果をアップさせるためには、フロントガラスだけではなく、サイドガラスやリアガラスにも取り付けるのがおすすめです。

日陰に駐車する

機械式立体駐車場

屋外でクルマを駐車するときには、可能であれば日陰に駐車するようにしましょう。直射日光は車内に入らないよう工夫すると、車内温度の上昇を抑えることが可能です。

しかし、日陰の場所は時間によって変わってしまうため、「駐車したときは日陰だったのに、いつの間にか日陰がなくなっている」という事態も起こりかねません。長時間クルマを駐車する場合には、変化する日陰の位置も考慮して駐車できるといいでしょう。

他にもある暑さ対策グッズ

スモークフィルム

今回紹介した方法以外にも、窓の内側に貼ることで紫外線をカットする「断熱フィルム」や、太陽光によりファンが回転し換気をする「カーソーラーファン」など、車内温度を上げないカーグッズが販売されています。

これらのグッズなどを上手に利用して、車内温度を上げないよう工夫して、暑い車内とお別れしましょう。