ホンダ 2代目N-BOXのラゲッジルームの使い勝手は?人気No1軽自動車の実力とは

ホンダ 2代目N-BOX

ホンダ N-BOXは、2011年の登場以来マイナーチェンジ・フルモデルチェンジを経て現行型のホンダ 2代目N-BOXに至る、日本で最も売れている軽自動車です。

2017年のフルモデルチェンジ以降も人気が高く、機能性が高いことから人気を博しているクルマです。

今回はそんな 2代目N-BOXのラゲッジルームの使い勝手について、詳しくチェックしていきます。

Chapter
ホンダ 2代目N-BOXとはどんなクルマ?
ホンダ 2代目N-BOXのラゲッジルームの広さは?
ホンダ 2代目N-BOXのラゲッジルームの使い勝手をオプションでさらに高める!

ホンダ 2代目N-BOXとはどんなクルマ?

ホンダ N-BOXは、2011年に登場した軽スーパーハイトワゴンです。2017年にモデルチェンジされたため、現行モデルは2代目にあたります。

ラインナップはフロントシート(前席)が違う2タイプとスロープ付きのもの、さらに「G」「L」「ターボ」の3グレードが用意されていますが、スーパースライドシート仕様のみ「EX」と「ターボ」のみのラインナップです。

また、N-BOXにはラグジュアリー仕様のN-BOX Customがあります。こちらはベンチシート、スーパースライドシート、スロープ仕様でラインナップが少しずつ異なります。

全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,790mmですが、4WD(4輪駆動)の場合は全高1,815mmとさらに高くなり、軽自動車ギリギリの規格で作られているのがわかります。

特に、高さを限界近くまで高くしたことで乗り降りのしやすさは抜群です。

ホンダ 2代目N-BOXのラゲッジルームの広さは?

では、ホンダ N-BOXのラゲッジルームの使い勝手についてご紹介します。

ラゲッジルームの広さを決めるラゲッジルーム幅は1,120mmあり、横に広いことがわかります。高さも十分に確保されており、ラゲッジルーム高は1,400mmあるので、背の高い荷物でも難なく積み込むことができるのが最大の強みです。

ラゲッジルームのフロア面はリアシート(後席)の位置によって異なります。

リアシートを完全に後ろにスライドさせた状態では奥行きは約500mmと、それほど広さは感じません。日常の買い物程度なら困ることはないでしょうが、大きな荷物となると少し大変そうに思うかもしれません。

ですが、リアシートを最前面にスライドしてみると、ラゲッジルームの奥行きが約700mmにまで増えるのです。4人家族の荷物でも難なく積み込めるほか、地上高も470mmとかなり低く設定されており、荷物の積み下ろしも楽々できます。

また、リアシートを最前面までスライドさせても、リアシートの足回りが窮屈になることはありません。足を組んだりするのは少し難しいですが、ゆとりは十分にあるので乗り降りに困ることはないでしょう。

<次のページに続く>
次ページ
ホンダ 2代目N-BOXのラゲッジルームの使い勝手をオプションでさらに高める!

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道