SUVで燃費がいい車はどれ?トップ10

街乗りしやすいコンパクトサイズから道なき道を突き進む本格的なオフローダーまで、いまやSUVは百花繚乱の時代に突入しています。ヨーロッパの自動車メーカーに端を発したSUVブームは日本にも飛び火し、現在では国産メーカーからも続々とSUVモデルが市場へ投入されています。そんなSUVですが、大柄なボディゆえに”燃費”が気になるという人は少なくありません。そこで今回は、燃費の良いSUVをピックアップしてみました。

※順位は編集部調べ
※燃費はメーカーカタログのJC08モードを参考にしています

Chapter
第1位 トヨタ C-HR(ハイブリッド)30.2km/L
第2位 ホンダ ヴェゼル(ハイブリッド)27.0km/L
第2位 レクサス UX(ハイブリッド)27.0km/L
第4位 ホンダ CR-V(ハイブリッド)25.8km/L
第5位 マツダ CX-3(ディーゼル)25.0km/L
第6位 スズキ クロスビー(ハイブリッド)22.0km/L
第7位 トヨタ ハリアー(ハイブリッド)21.4km/L
第8位 ミニ クロスオーバー(ディーゼル)21.3km/L
第9位 日産 エクストレイル(ハイブリッド)20.8km/L
第10位 アウディ Q2(ガソリン)19.8km/L

第1位 トヨタ C-HR(ハイブリッド)30.2km/L

トヨタ C-HR

4代目プリウスと同じプラットフォームを採用し、2018年SUV販売台数No.1に輝いたトヨタ C-HR。センシュアルスピードクロスをコンセプトにした大胆なスタイリングが話題を集めましたが、大人気の理由のひとつとして、ハイブリッドによる優れた燃費性能も見逃せません。

プリウスと同じ1.8L+モーターのハイブリッドシステムの燃費は、30.2km/L。SUVカテゴリーではトップの数値です。C-HRには、ガソリンエンジンとハイブリッドが用意されており、駆動方式はガソリンがFFと4WD、ハイブリッドはFFのみとなっています。

第2位 ホンダ ヴェゼル(ハイブリッド)27.0km/L

ホンダ ヴェゼル 2018

2013年にデビューしたホンダ ヴェゼル。洗練されたスタイリングと取り回しの良いサイズ感で人気を博したSUVのハイブリッドモデルが2位となりました。

ヴェゼルにはガソリン車も用意されているのですが、2位にランクインしたのは1.5L+モーターを組み合わせたグレード。トランスミッションは、ガソリン車にCVT、ハイブリッド車は7速ATが組み合わされています。

第2位 レクサス UX(ハイブリッド)27.0km/L

レクサス UX 2018

ホンダ ヴェゼルと同じ27.0km/Lの燃費を達成しているのが、レクサス最新のSUV、UXです。

レクサスのなかでは、もっともコンパクトなSUVのUXには、ガソリンエンジンとハイブリッドが用意されており、ランクインしたのは250hというハイブリッドモデル。直噴エンジンによりトップレベルの熱効率を実現した2.0Lエンジンとモーターの組み合わせで、27.0km/Lの燃費を達成しています。ちなみにフルタイム4WDの250hの燃費は、25.2km/Lにとどまります。

第4位 ホンダ CR-V(ハイブリッド)25.8km/L

ホンダ CR-V ハイブリッド 2018

2018年11月に登場したホンダ CR-V ハイブリッド。EV、ハイブリッド、エンジンという3つのモードを瞬時に切り替えながら、優れた燃費性能とドライブフィールをもたらすスポーツハイブリッドi-MMDを搭載し、FF車で25.8km/L、4WD車でも25.0km/Lを実現しています。

グレードは、2.0L+モーターのEXと、EXをベースにして装備内容が充実してたマスターピースの2つが用意されます。

次ページ
第5位〜第10位は?