【プロに聞いた】車内用洗剤のおすすめ22選|2023年版

車内 洗車 洗浄

※この記事には広告が含まれます

車内用洗剤は様々なメーカーが販売しているため、どれを選べばよいのかわからない方も多いのではないでしょうか。材質専用のものやマルチで使えるものまで紹介しますので、車内をきれいに保ちたい方や気になる汚れがある方は、ぜひ参考にしてみてください。

三村 貴広|みむら たかひろ

自動車整備士、フィールドエンジニア、品質コンサルタントと、様々な職種を経験されてきた現場系Webライター。
自動車やものづくりに関する記事を始め、趣味のバイクやフィットネスなど、幅広いジャンルの記事を執筆している。

三村 貴広
Chapter
車内用洗剤とは?
元自動車整備士がおすすめする車内用洗剤3選
編集部がおすすめする車内用洗剤9選
【毎日更新】Amazonおすすめの車内用洗剤ランキングTOP10
Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングの車内用洗剤売れ筋ランキング
車内の掃除方法
車内を掃除する際の注意点
車内用洗剤を使って掃除をしよう!

車内用洗剤とは?

洗剤には、車内の掃除専用に販売されているものが各種あります。各メーカーが車内用に研究を重ね開発した専用の洗剤です。用途別のものもあり種類も豊富でおすすめです。 車内はきれいに見えても、意外に汚れているものです。

家庭用のものでも十分使用できますが、車内用洗剤にはダッシュボードやシート用など、用途にあわせた専用の洗剤がありますので、上手く活用すればますますきれいになり、気持ちよく過ごせるでしょう。

車内が汚れてしまう原因とは?

車内が汚れてしまう原因は外からのものと、車内での過ごし方によるものなど、複数あります。原因のひとつに砂や泥があります。乗り降りするときには、靴に砂や泥が付いているのでペダルやステップ、そしてマットが汚れます。

もうひとつは髪の毛やほこりです。床やシート、そしてプラスチック部分にもよく溜まります。 あとは手垢や、車内で飲食することがあれば食べかすやゴミが出て、シートにシミなどの汚れをつけてしまうこともあります。

車内用洗剤を使うメリット

車内用洗剤には様々な種類があります。今まで諦めていた汚れや気になっているシミも、車内用洗剤を使えば落とせるでしょう。車内用洗剤がそれぞれ持っている特徴を知り、自分に合った洗剤を見つけて普段のお手入れで活用してみましょう。

元自動車整備士がおすすめする車内用洗剤3選

プロスタッフ(Prostaff)

プロスタッフ 車用 シートクリーナー シャララ車内クリーナー 420ml C-29 除菌&消臭 ブラシキャップ

464円〜(税込)

プロスタッフは洗車グッズやガラスコーティングなどのカーケア用品を中心に展開しているメーカーです。

創業100年を迎えた老舗メーカーの商品は、どれもコストパフォーマンスも高く、車の愛好家をはじめ一般の方にも幅広く支持されています。

こちらのクリーナーは布製シートの汚れを落とすための製品ですが、対象が布であれば内張りや天井など幅広いエリアの清掃が可能です。また、蓋に設置されているブラシが頑固な汚れを落とす際にとても良い役割を果たしてくれます。

シート掃除のためだけにブラシを用意するのはもったいない上、一度使うと無くしてしまいがちなのですが、これなら紛失の心配もないので個人的にも大きなメリットだと感じています。

また、シートだけでなく様々な箇所の汚れに対応できる製品である点も魅力の一つです。ホームセンターなど身近なお店でも入手可能なので、「1本で手軽に掃除したい」という方にぴったりなクリーナーと言えます。

メーカー
プロスタッフ(Prostaff)
ブランド
プロスタッフ(Prostaff)
モデル名
C29
商品モデル番号
C29

ピットワーク(Pitwork)

本革シートリフレッシュセット KA260-89930

2,100円〜(税込)

PITWORKは日産部品中央販売株式会社が取り扱っているブランドのひとつで、日産車に使用されている純正部品と同レベルの商品を多く展開しているメーカーです。

日産車以外にも使用できる汎用性・品質の高さは、自動車ディーラーをはじめ多くの整備工場でも採用されいます。また、一般の方でもネットショッピングで購入可能です。

こちらの製品は本革シートに使用するもので、クリーナーと保護剤がセットになっています。本革シートの場合、クリーナーによってはシートにダメージを与えてしまうこともあるのですが、こちらは日産自動車ブランドですので品質は折り紙付き。誰もが安心して使用できます。

またセットで付属している保護剤は経年劣化を防止する他に、細かいひび割れを埋めてくれる効果も期待できます。私も実際に使用してみましたが、施工前と後で見た目の印象が大きく変わったことに驚きました。

クリーナーと保護剤のどちらもが高品質でありながら、セットで2000円台というコストパ

フォーマンス抜群の価格帯で販売できるのは、「さすが大手メーカー」と言わざるを得ません。

慎重になりすぎて本革シート用のクリーナー選びが難航している方にも、自信を持っておすすめできる1本です。

ブランド
ピットワーク(Pitwork)
モデル名
KA260-89930

AutobriteDirect

レザークレンズ

2,880円〜(税込)

Autobrite Direct(オートブライトダイレクト)は2005年にイギリスで設立されたカーケアブランドで、スノーフォーム洗車をメインに、洗車グッズを多く取り扱っています。

日本ではほとんど目にしないメーカーですが、大阪に支店があり、ネットショピングであれば商品を購入できます。

こちらのクリーナーはとにかく使い勝手が良く、汚れ落ちが良いという印象が強い商品です。泡タイプのクリーナーは数多く存在しますが、こちらはボトル式なので噴射時に泡がミスト状に出てきます。そのため、シートやタオルに吹き付ける際にムラになりにくく、初心者でもきれいに汚れを拭き取ることができます。

また、これ1本でクリーナーと保護剤の効果があるので、手間をかけずにきれいな状態をキープすることも可能です。清掃後はツヤが控えめの仕上がりで、ギラギラとしたツヤ感が苦手な私にとっては非常に好印象でした。

非常にクオリティの高いクリーナーなので、海外メーカーでも抵抗のない方にはぜひおすすめしたい1本です。

ブランド
AutobriteDirect
商品モデル番号
LTC
商品の重量
595 g

編集部がおすすめする車内用洗剤9選

車内用洗剤はさまざまなメーカーが販売しているので、どれを選べばいいかわからない方もいるでしょう。仕上がりはもちろんですが、使いやすさも選ぶ基準のひとつです。ここでは、車内用洗剤を9選紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ソナックス(Sonax)

ソナックス エクストリーム コクピットクリーナー

970円〜(税込)

ソナックスはドイツのブランドで、大手車メーカーに支持されています。

エクストリーム コックピットクリーナーという商品は、ハンドルに使っても滑らず安心して使えるノンシリコンタイプです。ぎらつかず、自然に仕上がるのでおすすめです。 また、静電気防止剤が配合されているので拭きあげた後は、ほこりが付きにくくなります。使い方はタオルなどにスプレーして拭き、乾いた面で仕上げるだけと、とてもシンプルで簡単です。

メーカー
ソナックス(Sonax)
純正品番
283241
モデル名
1837526
商品モデル番号
02832410-544
内容量
500ml

リンレイ(Rinrei)

リンレイ 布シートクリーナースプレータイプ

433円〜(税込)

リンレイは主にワックスや洗剤など、各種ケミカルの研究開発をしているメーカーです。

布製のシートにも使えるハンドスプレータイプのものも販売しています。 今までなかなか落とせなかった汚れやシミを泡の力で強力に落とし、車内の消臭と除菌もできます。使い方はタオルなどにスプレーして、シートの汚れを擦り取るように拭きます。次にきれいなタオルなどで拭き取って仕上げたら、十分に乾燥させてください。

メーカー
リンレイ(Rinrei)
モデル名
H-1
内容量
400ml

オートグリム(Autoglym)

インテリア・シャンプー

2,150円〜(税込)

オートグリムは英国王室御用達で、世界の多くの自動車メーカーに選ばれている商品を取り扱っています。

シートやカーペットだけではなくドアや天井、そしてダッシュボードなど、車内全てをきれいにできます。 1本で内装全ての汚れを早く、そして効果的に落とせます。使い方は直接表面を軽く湿らす程度にスプレーして、水で湿らせた布かスポンジで汚れをこすり浮かせたら、十分に水拭きしよく乾燥させます。

ブランド
オートグリム(Autoglym)
モデル名
CIS500
梱包サイズ
21 x 19 x 25 cm
商品の重量
575 g

ソフト99(Soft99)

SOFT99 シートクリーナー 本革クリーナー 300ml 02052

990円〜(税込)

ソフト99は車用だけでなく、家庭用や産業用のケミカル用品を取り扱っているメーカーです。

本革クリーナーは、本革シートのクリーニングと保湿、汚れをつきにくくすることができます。使い方は単純で、缶をよく振ってからクロスにムースを適量とり、シートにまんべんなく塗り伸ばすだけです。また、本革シート用ですがビニールシートや合成皮革にも使用できます。 使用後は手や体が滑りにくくなるので、安全面も向上するでしょう。

メーカー
ソフト99(Soft99)
ブランド
ソフト99(Soft99)
モデル名
2052
梱包サイズ
16 x 11 x 2 cm; 298 g
商品モデル番号
2052
商品の重量
298 g

カーピカル

業務用 ルームクリーナー 500ml

1,798円〜(税込)

カーピカルは一般のカー用品店では扱っていない、業務用商品を取り扱っているメーカーです。

使用を考えている場合は、カー用品専門店で探してみるか、ネット上の通販で探すといいでしょう。 販売しているルームクリーナーは天井やシート、マットについた黄ばみやしみ、そしてたばこのヤニなどをきれいに落とします。奥までしみこんだ汚れが、特殊酵素によって浮かび上がるので簡単に取り除けます。 使い方は汚れの気になるところにスプレーして、浮いてきた汚れを乾いたタオルなどで拭き取るだけです。

ブランド
カーピカル
商品モデル番号
cp-rmc-005

スリーエム(3M)

3M レザー&ビニールつや出しクリーナー

4,980円〜(税込)

3Mは米国に本社を置くメーカーです。

取り扱う社内用洗剤は、革製品やビニール製のダッシュボード、そしてゴム製品やプラスチックにも使用できます。 表面の汚れを取り除きながら、保護します。汚れて固くなった表面が柔らかくなり、元の輝きを取り戻せます。また、使用後はレモンの香りでリフレッシュできます。 使い方は表面に直接スプレーし、拭き取るだけでケアができます。

メーカー
スリーエム(3M)
モデル名
39040

Surluster(シュアラスター)

ゼロインテリア マルチクリーナー【S-124】

445円〜(税込)

シュアラスターは、カーワックスを始めとするカーケアメーカーです。

ゼロインテリア マルチクリーナーは車内の布製シートや、ダッシュボードのプラスチックから内窓まで幅広く使えます。 車内だけでなく、家の中の家具や壁紙などの汚れにも使えますので重宝するでしょう。汚れ落としだけではなく、除菌と消臭もできます。また、有害なアルコール成分も無添加なので、チャイルドシートにも安心して使えます。 使い方は、スプレーして乾いた布でふき取るだけなので簡単です。

メーカー
Surluster(シュアラスター)
モデル名
S-124

axe

本革専用洗浄剤 業務用 400cc

2,553円〜(税込)

axeは、業務用のカークリーニング用品を取り扱っているメーカーです。

axeの洗剤は高い洗浄力もありながら、硬化や劣化、変色なども極力防止します。 使い方は本革シートにスプレーしたあと、柔らかいブラシでブラッシングし、タオルなどで拭き取ります。

メーカー
axe
商品モデル番号
1210090
内容量
400cc

KURE(呉工業)

KURE(呉工業) クレポリメイトナチュラル (250ml) 保護ツヤ出し剤 [ 品番 ] 1349

503円〜(税込)

KUREは車のメンテナンスやケアに使える化学製品を取り扱うメーカーです。

クレポリメイト ナチュラルは、ダッシュボードやメーターパネルなどの様々なプラスチック、ゴム、合成皮革部分に使えます。 また、車内用洗剤としてだけではなく、家の中のものにも使えます。汚れをきれいに落として、べたつきもありません。光沢を長期間保ち、UV紫外線による色あせやひび割れを防ぎます。 使い方は容器をよく振ってからタオルなどの布にスプレーし、よく拭いたら次に乾いた面で拭きあげます。

メーカー
KURE(呉工業)
ブランド
KURE(呉工業)
モデル名
1349
商品モデル番号
1349

【毎日更新】Amazonおすすめの車内用洗剤ランキングTOP10

Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングの車内用洗剤売れ筋ランキング

車内の掃除方法

まず車内用洗剤を使う前に、車内にあるものやマットを全て外に出してから、掃除機を隅々まで丁寧にかけてゴミやほこりを取り除きましょう。次に、車内用洗剤を使って車内を拭きあげていきましょう。最後によく乾燥させたら終了です。

必要なもの

掃除機と車内用洗剤、そしてタオルなどの布を数枚と、洗剤によってはスポンジやバケツも必要です。車内用洗剤はシート用やダッシュボードなどのプラスチック用、そして窓用などがありますので、それぞれ自分の車に合ったものを用意しましょう。 また、タオルやスポンジを使用する場合は、車内を傷つけないよう、掃除をする場所に合った柔らかさのものを用意しましょう。用途別に数種類用意しておくといいでしょう。

車内を掃除する際の注意点

拭き掃除する前に、掃除機で全体のゴミやほこりを取り除きましょう。掃除機をかける時は、見えるところだけでなく、シートの隙間など隅々まで丁寧にかけましょう。作業中は窓とドアを開けて換気して、作業後は洗剤をよく乾燥させましょう。

車内用洗剤を使って掃除をしよう!

必要なものの準備が整ったら、車内用洗剤を使ってきれいにしていきましょう。洗剤によって使い方がそれぞれ異なりますので、使う前に使用方法を確かめましょう。洗剤は材質や仕上がり、そして手間なども考えて選び、掃除に活用しましょう。

※楽天市場では価格、送料、納期やその他の詳細については、商品のサイズや色等によって異なる場合があります。
商品詳細