救急車など、緊急自動車の進路を妨害したらどんな罰則になる?

救急車

運転中に救急車や消防車がサイレンを鳴らして近づいて来た場合、皆さんはどのような対応をしていますか?緊急自動車には「事故や火事への対応、急病人を搬送」といった重要な役割があるため、一般車は道を譲らなければなりません。では、もしも緊急自動車の進路を妨害してしまったら、どんな罰則が科せられるのでしょうか?

文・吉川賢一

Chapter
緊急自動車には種類がいっぱいある
もし緊急自動車の進路妨害をしてしまったら?
譲りたくても譲れない場合は?

緊急自動車には種類がいっぱいある

緊急自動車とは、救急車、消防車、警察車両の他に、ガス会社、電力会社、レッカー車、血液や臓器の運搬車、自衛隊など、人命救助や火災対応などの理由で急を要する車両も含みます。

これらの車両が、サイレンを鳴らし赤色の警光灯をつけて走行している場合は、緊急自動車となります。

もし緊急自動車の進路妨害をしてしまったら?

万が一、緊急自動車の進路妨害をしてしまったら、道路交通法の『第40条  緊急自動車の優先』、『第41条の2  消防用車両の優先』、『第75条の6  本線車道に入る場合等における他の自動車との関係』により、「緊急車妨害等違反」および「本線車道緊急車妨害違反」となります。

行政処分として違反点数1点が加点され、反則金は普通車で6,000円です。反則金の納付を怠ると、50,000円以下の罰金刑を科せられる可能性があります。

仮に、救急車の緊急走行を故意に妨害し、搬送中の患者が亡くなってしまった場合、「緊急車妨害等」違反となり、1点の加点と反則金を科せられ、そのうえで救急車の走行妨害と搬送患者の死亡との因果関係や過失などが立証された場合、ドライバーは民事もしくは刑事上の責任を負うことになります。

<次のページに続く>
次ページ
譲りたくても譲れない場合は?