500万円!?『トラック野郎』風のデコトラにするにはいくら?【取材あり】

デコトラ

1970年代、ちょっとした社会現象となったのが、大型トラックに過剰ともいえる装飾をちりばめた『デコトラ』です。現在その数は減ってきたと言われていますが、ときおり目にすることがあります。今でもデコトラを購入することは可能なのでしょうか?またその価格は?

Chapter
ノスタルジーを感じさせるデコトラ
デコトラはどこで購入できるの?
トラックをデコトラに仕上げるにはいくら必要?
デコトラの個人売買をチェックしてみると…

ノスタルジーを感じさせるデコトラ

デコトラのルーツは、高度成長期のオート三輪といわれています。そのころは実用性アップを兼ねたものだったのですが、1970年代になると装飾をメインとした改造に変化し、全国的な広がりをみせます。

そのブームは、東映が手掛けた映画『トラック野郎』シリーズで火が付き、社会現象までなりました。故菅原文太さん演じる主人公・星桃次郎は義理人情に厚い男として描かれており、実際彼に憧れて運輸業界に入った方も当時多かったといわれています。

しかし80年代に入ると、警察による改造車両の取り締まりが強化、さらに1990年以降は多くの企業が装飾されたトラックの出入りを禁止するなど、そのブームは静かに終息していったとされています。しかし、文化としてのデコトラは、まだまだ生き続けているのも事実なのです。

では、こうしたデコトラに関心を持った場合、どこで購入すれば良いのでしょうか。大手中古車サイトなどをチェックしてもデコトラやそうした架装をしたトラックを見つけることはできません。

そこでCarMe[カーミー]編集部は、群馬県のトラック用品製造販売「トラックアート歌麿」に電話取材を行いました。

デコトラはどこで購入できるの?

CarMe[カーミー]編集部(以下、):御社では、いわゆるデコトラのコンプリートカーの販売は行っているのでしょうか?

歌麿さん(以下、):うちではデコトラ本体の販売はしていないですね。

:ではデコトラのオーナーになりたい、という場合、どういった方法がありますか?

:うーん、やはり個人売買が多いと思いますね。ご自身で作るなら、トラック本体をまず購入して、パーツを揃えて、理想のスタイルにカスタムをしていく、というかたちになると思います。

では、トラックをデコトラに仕上げるにはいくら必要なのでしょうか?

<次のページに続く>
次ページ
トラックをデコトラに仕上げるにはいくら必要?