1万円でも高く売りたいあなたへ…高く売るためのテク4選

まだ、下取りに出してるの?

買取

僕もこれまで、何度も自分の愛車を手放してきました。初めは、次に購入するクルマの販売店に下取りに出していました。見積もりを作る時に、「特別に○○○万円でお引き取りしますので」というセールスマンの営業トークを信じ、そちらの方がトクに違いないと考えていたからです。しかし実態は、必ずしもトクとは言えないのです。

中古車を売る時の選択肢は2つ存在します。自動車メーカー系ディーラーの中古車専門店と、中古車買い取り専門店です。

メーカー系ディーラーの場合は、自社ブランドの車両を店頭に置くことは多いのですが、それ以外のメーカーを置くことは非常に希です。例えばトヨタの看板をしている中古車販売店に、日産のクルマを探しに来るユーザーはほとんどいません。

また、店頭に置いたとしても、確実に自分の所で売れるという自信がある車両しか展示しないことがほとんどです。理由はコストです。ユーザーからすれば「売れるまで店頭に置いておけば」と思うのですが、中古車には“賞味期限”があります。クルマは年式があるものですから、マニアの間で流通するような特別な車種を除いては、古くなると価値がどんどん下がっていきます。

そういったクルマを店頭に置き続けると、管理費や賃料といったコストがかさんでいくため、メーカー系ディーラーは経費のリスクを考慮して安く買い取ろうとします。

またメーカー系自動車販売店は新車販売に特化しており、中古車販売のインフラを持ち合わせていないというのも、中古車の買い取り価格が低くなることの要因になっています。

買取店が高く買ってくれる理由

ディーラー

一方、中古車買い取り専門店ですが、買った車両は中古車オークションシステムを利用して中古車販売店などに流通させます。大手の中には自社の販売拠点や独自の流通システムを持っている会社もあります。

中古車買い取り店は、基本的に売れているモデルを中心に仕入れ、オークションに流すことで利益を得るため、自社で長期間ストックしておくリスクを少なくできます。また自社の販売拠点で販売する場合も、地域によって異なるユーザーニーズと在庫の情報をリアルタイムで分析するため、不良在庫をほとんど抱えません。そのため、その分の経費が削減でき、買い取り価格が高めに設定できるというわけなのです。 

僕は懇意にしていたメーカー系販売店の営業マンから、買い取り店のシステムを紹介されて以来、愛車を売る時は基本的に下取りには出さないでいます。そして実際に、買い取りに出した方がいい値が付いているのです。

結局、一括査定サービスが高く売れる?

ディーラー

愛車を中古車買い取り店に売るには、いくつかのステップが必要です。一般的な方法で説明すると、まずは自分が売りたい買い取り店の候補を探すステップ。次に愛車を店頭に持ち込んで、査定をしてもらうステップ。そして最後は契約です。こうした過程を経て、ようやく愛車が現金化できるのです。

ただし、買い取り金額が自分の希望にそぐわなかった場合は、また違う店を探して、このステップを繰り返さなければなりません。時間と労力、そしてガソリン代(お金)がかかって仕方がありません。

そこで、これらを最小限に抑えられるシステムが、「中古車一括査定」です。サイトにある申し込みフォーマットに、自分の愛車情報などを入力するだけで、複数の中古車買い取り店の査定が受けられるのです。

僕も今年(2018年)6月にこのシステムを利用して、愛車を買い取ってもらいました。まず、愛車情報を専門サイトに入力すると、数社の買い取り店から連絡があります。この時点で教えてくれる査定額は、オークションでの落札平均価格ですので、あくまでも参考です。 

実際の査定額は、愛車の状態によって変わります。ボディのコンディションは当然のことながら、グレードや装着オプション、ドレスアップや改造などの状態によって、細かく金額が変わってきます。

さらに、その車種に強い買い取り店と不得意な買い取り店があり、それによっても査定額が大きく異なってしまうのです。ですので、査定は複数の買い取り店でするというのは、高く売るための最低条件と言えます。

査定場所は、こちらの指定した場所で行うことができます。例えば、借りている月極駐車場に買い取り店を呼ぶこともできます。査定時間は1時間ほどかかりますので、面倒な場合は数社同じ時間に来てもらうと手間が省けていいでしょう。

よく「都合の悪い時に連絡してきて迷惑」という話を聞きますが、システムの都合上、情報を入力して送ると、すぐに連絡をしてくるようになっています。ですので、自分が電話対応できる時間帯にサイトを利用するといいでしょう。また、最近は連絡してくる時間帯をユーザーが指定できるシステムもあります。これを利用すれば、さらに円滑に査定を進めることができるのではないでしょうか。

高く売るためのテクニック4選

では買い取り店に高く売るには、どうすればいいのでしょうか? 前述したように、まず数社に査定を依頼するのはマストです。競合させることで、買い取り価格をアップさせることができます。

1.希望金額を伝える

査定の前に、まず自分の希望の買い取り額をはっきりと伝えることは大切です。相場が分からなくとも、自分の考えている金額でOKです。場合によっては、それよりも高く買い取ってくれるケースも少なくありません。

2.自慢ポイントを伝える

査定時には、愛車の「自慢ポイント」を伝えることも、時として価格アップに繋がります。車種によってはノーマル車よりも、改造車の方が高く売れる場合があります。また家で保管しているパーツがあれば、そのことも伝えましょう。

3.断る勇気を持つ

さて査定額が、仮に満足のいく金額だったとしても、交渉は必ずしましょう。実際、この交渉で金額が数万円変わったことも一度や二度ではありません。仮に、どの金額も満足いかなかった場合は、はっきりと断ることが大切です。さらに違う買い取り店では高く買ってくれるかもしれませんし、売る時期を変えれば査定額が変動するかもしれないのです。

4.車両を運ぶ

査定額に満足できて契約する場合、車両をどう渡すかというのも、金額アップのポイントです。多くの買い取り店は、車両のピックアップに引き取り専門の業者を使用しています。仮に「持っていきます」と言った場合、このコストがカットできて、その分を元オーナーに還元してくれる買い取り店もあります。すべての買い取り店が応じてくれるわけではないので、契約の時に確認してみてください。

次の愛車の購入や生活の資金にするためにも、愛車の売買は大切です。中古車一括査定の専門サイトを上手に活用して、賢くクルマ生活を送ってみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする