なぜ新型エンジンにDOHCではなく、SOHCが採用されることがあるのか?

DOHCと言えば、日本では高性能車の証として、70年代~80年代にかけて普及し、トヨタなどでは、直列エンジンのDOHCを「ツインカム」と呼んだりしました。
そもそも、エンジンにはSOHCとDOHCがあり、SOHCは吸気と排気バルブの駆動を一本のカムシャフトで行い、DOHCは吸気と排気それぞれに別のカムシャフトが与えられてバルブを駆動します。
DOHCは設計の自由度が高く、高回転・高出力化が容易なことから、現代の日本車のほとんどに採用されてきました。
当時の車好きだった方たちは、雄弁にDOHCの良さを語ったことでしょう。
ではなぜ、今もSOHCを採用するメーカーがあるのでしょうか?

Chapter
DOHCのメリット
SOHCのメリット
SOHCよりも古い?アメリカンなOHV
DOHC VTECで有名なHONDAも、新型にSOHCを採用
まとめ

DOHCのメリット

DOHCは、吸気バルブ側と排気バルブ側に、それぞれカムシャフトを備えていることを活かして、近年目覚ましい進化を遂げ、バルブの開閉タイミングからリフト量までコントロールできるようになりました。
この仕組みは、低燃費と高出力を同時に実現しており、日本では、トヨタのVVT、日産のVTCやVVELが代表的です。海外では、特にBMWの「バルブトロニック」と「ダブルVANOS」が有名ではないでしょうか。

SOHCのメリット

では、SOHCのメリットは何でしょうか。それはカムシャフトが一本で済むことにより、シリンダーヘッドをDOHCより小さくすること可能で、部品点数も少なくなるため、直列エンジンにおいては重心を下げることができます。
数多く生産するメーカーにとってコスト的にも有利です。SOHCであっても4バルブ化が可能なことも忘れてはなりません。(メリットとは言えませんが、DOHCとの差を埋める意味で)

次ページ
それだけじゃない?SOHCを採用する理由。