クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By

【東京オートサロン 2017】スズキからコンパクトカーの可能性の提案

ニューモデルやマイナーチェンジにも期待!?

無題

先日モデルチェンジしたばかりのスイフト、これまでも様々な年代、地域のひとに受け入れられてき大ヒットなクルマだったが、今回のモデルチェンジではより一層プレミアム感が増し、垢抜けたデザインとなっています。

そんなニュー・スイフトを素材に、2輪のレースマシン風カラーリングを施したのが今回の展示車両。『スイフト・レーサーRS』と称し、Moto GPに参戦している「チームスズキ エクター」のカラーリングで、ニューモデルの高い走行性能や、運転する楽しさを巧みに表現した外装ですね。

そして同じようなレーサー風のカラーリングのマシンがもう1台。イグニスをベースに、オフロードバイクのカラーリングをまとった『イグニス・モトクロッサースタイル』です。イグニスのコンパクトクロスオーバーのコンセプトに合わせ、オフロードレースのテイストを加えられています。

さらに参考出展としてスペーシア カスタムZ プレミアムという一見普通のスペーシアも展示。ノーマルをベースに、高級感と重厚感をプラスした仕様となっており、ルーフやシート表皮にはクロコダイル柄のレザーを使用。また、大粒のメタリックフレークを使用したボディカラーなど、市販化も匂わせるようなモデルですね。

次ページスズキの画像ギャラリーはこちら!

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事