ジャパンキャンピングカーショー2018に見るトレンドとは?

個性を強めているバンコン

【東京キャンピングカーショー2018】バンコン
【東京キャンピングカーショー2018】バンコン

道路や駐車場の事情、さらには車中泊が可能な場所など、様々な制限がある日本。オートキャンパーにはなかなか肩身が狭いと言えますが、日常も使えて、快適な車中泊ができるということで人気なのが、ハイエースやNV350キャラバンをベースに「バンコンバージョン」というキャンピングカーです。

バンコンバージョン(通称バンコン)は、外観はノーマルのままで、車内にキャンピング装備をインストールした簡易タイプのキャンパーのこと。広い駐車場などを要さないため、都市部のユーザーを中心に人気があるカテゴリーです。日本ではもう大分前から、このバンコン市場が活況を呈していますが、昨年7月に大幅な法律改正が実施されたため、各ビルダーも方向性を変えざるを得なくなりました。

というのも、法律改正により8ナンバー以外の横向きシートの装着が不可となってしまったのです。車内にベッドを展開するキャンピングカーにおいて、横向きシートは欠かせないものです。

【東京キャンピングカーショー2018】バンコン

今回のショーでは前向きにシートを付けてベッドにできるというモデルも見受けられましたが、8ナンバーでより快適性を追求したバンコンが増えたように見受けられました。同時に、車内のレイアウトが各社個性的になり、限られた空間をいかに有効的に活用するかが考えられています。

本来、限られた空間やサイズを活かす製品造りは日本人のお家芸ですので、その意味でもハイエースやキャラバンのバンコンは、ますます面白くなってきたと言えます。

キャンプにおいて、昨今「グランピング(グラマラス+キャンピング)」というムーヴメントがあるように、キャンピングカーにもそれが反映されているモデルが多くなっています。キャンプだから多少の不便は我慢…という思考はすでに古く、家庭と同じ快適さで車中泊を楽しむという思考を各ビルダーはこぞって具現化。当分、このムーブメントは続きそうです。

次ページ自動車メーカーが本気を出し始めた

この記事をシェアする

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives