交通事故にあった場合、一番安全、危険な席はどこ?

座席別交通事故死亡者の推移

交通事故

いまさらですが、シートベルト着用は義務であり、交通事故での被害を最小限に抑えるためにも必須です。

2017年2月23日に警察庁交通局が発表した「平成28年における交通死亡事故について」によれば、シートベルト着用時の死亡率が0.18%であったのに対し、非着用時は2.65%。じつに14.5倍にものぼります。シートベルト着用が、交通事故時の被害低減に役立つかを物語っています。

また同資料によると、2016年度もっとも死亡者の多い座席は後部座席、次いで運転席、助手席となっています。この傾向は基準数値となる2006年以降、同じです。一般的に言われる後部座席が安全は、真っ赤なウソなのでしょうか?

じつは、この資料の後部座席には、バスの座席が含まれています。高速バスなら各座席にシートベルトが備え付けられていますが、乗り合いバスにはありません。立っている乗客すらいます。この状態で交通事故に巻き込まれたら、死者も多発するでしょう。

また、シートベルト着用率は28%で、非着用または不明が72%と、着用率の低さも死亡率を高めることに起因しています。

乗用車だけの統計は発表されていないため、どの座席が安全か検証は難しいところです。

多様化するボディタイプと交通事故

俗に言う後部座席が安全の前提条件は、正面衝突事故でセダンの場合です。最近では2BOXや1BOXも人気ですし、地上最低高の高いRVもあります。さらに事故の衝突部位も側面や後部追突もあります。

運転席側面から衝突されれば、一番安全とされる運転席背後の後部座席は危険に晒されます。後部から大型車が突っ込んでくれば、後部座席は一瞬にして潰れるでしょう。

3BOXならトランクがあるので多少の衝撃は吸収されますが、1BOXや2BOX車では、そもそもクラッシャブルゾーンはほぼゼロです。ボディタイプによっては、後席が安全とは言えないのです。

では、世界一安全と称されるボルボが考える安全な座席とはどこになるのでしょうか?

次ページボルボが考える安全な座席

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事