ごみ収集車、ごみ袋何個入るか知っていますか?

ごみ収集車のひみつ

ごみ収集車

私たちが普段「ごみ収集車」と呼んでいる車ですが、それは俗称で正式には「パッカー車」や「塵芥車(じんかいしゃ)」と言います。

ごみ収集車にはいくつか種類があり、一番身近なのは「プレス式ごみ収集車」というタイプ。投入口の手前で一度ゴミを粉砕し、それを圧縮して詰め込むため、たくさんのごみを集めることができます。

見た目にはプレス式ごみ収集車とほとんど差がないものに、「回転板式ごみ収集車」というタイプもあります。こちらは2枚のプレートでごみをかきこみ押し込んでいきますが、プレス式ほど圧縮力はありません。

そしてもうひとつは、内部のドラムを回転させながらごみを巻き込む「ロータリー車」です。回転盤がないため、巻き込まれる心配がないという点では安全ですが、他の2車種に比べると収集力では劣るためか、あまり見かけることはありません。

こうして収集されたごみは、ごみ処理場に運び込まれ、可燃ごみは燃やしてから、燃えないごみは小さく圧縮してから土に埋められるのです。

では、そんなごみ収集車にはどれくらいの容量のごみが入るのでしょうか?

次ページごみ収集車にはどれくらいのごみが入る?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事