リアガラスが割れたまま、走行してもいいの?

リアガラスが割れたまま公道を走っていいのか?

リアウインドウ

フロントガラスのひび割れは、走行中の風圧により割れて乗員に降りかかる可能性があります。また、前方視界を妨げるので、走行の問題になります。早期の補修、または交換が必要になることは容易に想像できます。

では、リアガラスの場合はどうでしょう?リアガラスにひび割れやキズが入ったとしても、それが大きなものでなければ運転中に気になることはありません。走行中に窓を開けなければ、風圧により割れる心配も少ないでしょう。

街中では、ときおりリアウインドウが割れてしまったのか、透明なビニールをガムテープで止めて走行する車両も見られますが、あれは合法なのでしょうか?

道路運送車両法によるリアガラスの規定

BMW 4シリーズ リアガラス

公道を走行する車両の保安基準を規定するのは、道路運送車両法です。その第41条で保安適合品を使用するパーツが列記されています。そのなかにリアガラスが入っています。

まずリアガラスは、保安基準適合品でなければ車検に通りません。つまり、先述のビニールをガムテープで止めている車両はNGということです。緊急対策としてなら仕方ないのかもしれませんが、その状態で長期間運行することはできません。

ではビニールに置き換えず、リアガラスが割れたまま走行を続けたら、警察の取り締まり対象になるのでしょうか?

次ページ警察による整備不良の取り締まり対象になる?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives