日本で一番駐車料金が高い場所、どこか知っていますか?

日本で一番料金が高い駐車場は?

パーキング

人、車の多さ、土地の価格で考えれば、駐車料金の平均価格が高そうなのは東京ですよね。

そのなかでCarMeが独自調査したところ、駐車料金がもっとも高かったのは銀座6丁目にあるコインパーキング。10分あたりの駐車料金は500円でした。

1時間あたり、なんと3,000円!ちょっと買い物やお茶をしているだけで、みるみる駐車料金が加算されていきます。

銀座周辺のほかには、目黒駅、神保町駅周辺は、1時間あたり平均1,000円以上とかなり高額な駐車場が多いようです。

駐車料金はどのようにして決まる?

コインパーキング

さて、そんな駐車場の料金はどのようにして決まるのでしょうか?

冒頭で述べた、人や車の集まりやすい所とそうでない所で料金に差があるのはもちろんですが、運営側の視点で見るとまた違った理由もあるようです。

駐車場は、土地を借りて会社が運営している場合と、地主が経営している場合があります。

会社が土地を借りて運営する場合、そこには地主に払う賃貸代も発生します。またパーキングの運営会社が土地を借りて加盟店が運営している場合は、土地代に加えて加盟料が加算されます。

そのため、ほぼ同じような場所にある駐車場でも料金が異なることは珍しくありません。

これはコインパーキングだけでなく月極駐車場でも同じ。駐車場料金は、複雑な事情が絡み合って決まっているのですね。

銀座の駐車料金は高め

銀座

このように、駐車料金は決して簡単に決めているわけではなく、運営形態、土地代、さらに競合する駐車場の料金形態などを考慮したうえで、決められています。

今回の銀座6丁目は、日本を代表する繁華街であることにくわえ、高級ブランドの路面店が立ち並ぶエリア。周辺の駐車料金は必然的に高くなっています。

ドライブや旅行ではコインパーキングを利用する方も多いと思いますが、料金をよく確認せずに駐車していたら、清算時に高額な料金になっていた、なんてことは避けたいもの。そのエリアの平均的な価格を調べてからが、賢い駐車場の利用方法と言えるでしょう。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事