運転サポートして欲しい!教習所の補助ブレーキは、マイカーに装着できる?

補助ブレーキなるものは、市販されている

ペダル AT

自動車の補助ブレーキは、いくつかの業者から販売されています。しかし、その多くは車の構造を変えるものではなく、ステッキ型のパーツをブレーキペダルに取り付けることで、助手席側の乗員が手動でブレーキを操作するというもの。

教習車についている補助ブレーキとは、構造が異なります。

補助ブレーキの仕組みは?

教習車についている補助ブレーキは、運転席側のブレーキペダルと連動して機能しています。

そのため、助手席の教官が補助ブレーキを目一杯踏み込んでいる場合は、運転席側のブレーキペダルは押し戻される踏み込むことはできません。

一般的な車は、油圧によってブレーキを作動させます。運転席にしかブレーキペダルがない場合、当然ながら油圧はブレーキキャリパーに伝わります。

補助ブレーキがついている場合は、その油圧系統が2つになります。そのため助手席側でブレーキペダルを踏み込むと、運転席側のブレーキペダルにも圧がかかるので、押し戻されるようになります。

苦い経験のある方もいる補助ブレーキですが仕組みを理解すると、「なるほどな」と思いますね。

教習車のような補助ブレーキはある?

教習車についている補助ブレーキですが、やはり教習車だけの装備なのでしょうか?

無事自動車学校を卒業しても、補助ブレーキつきの車で練習を行いたい、長年ペーパーだったドライバーが練習をしたい、などという方もなかにはいるかもしれませんよね。

調べてみたところ、ごくわずかですが、補助ブレーキを後付けしてくれる業者がありました。見た目は教習車のそれと変わりありません。

ただし、改造と構造変更手続きが必要になるので、費用は数十万円以上と、それなりにかかってしまいます。

ドライバーがしっかり安全に気を配っていれば必要のない装備と思うかもしれませんが、ドライバーが不慣れな場合、また注意が他にいっている場合など、いざというときには意外に役立ってくれそうです。

あなたは、愛車に付けたいと思いますか?

この記事をシェアする

最新記事