パーキングブレーキのレバータイプ、なぜ減ってきたの?

パーキングブレーキとは?

電動パーキングブレーキ

パーキングブレーキは、通常ブレーキ装置を操作することでワイヤーを介し、後輪をロックする機構で、おもに駐車時に使用されます。

昨今はパーキングブレーキと呼ばれますが、以前はブレーキ装置が、運転席横やダッシュボードにT字型のレバーが設置してあり、手で引いて操作したためハンドブレーキとも呼ばれていました。乗用車では運転席横にレバー型ブレーキ装置を設置する車種が多く、サイドブレーキと呼ばれます。

パーキングブレーキ装置の種類は大別して3種。レバーもしくはサイドの手で操作するタイプ、足踏み式のフットタイプ、そして最近多く採用されているボタンタイプの電子式です。

フット式パーキングブレーキのメリット・デメリット

フット式パーキングブレーキは、マニュアル車のクラッチペダル部分に設置されます。つまり、MT車では採用されず、採用するすべてがAT車です。解除は、パーキングブレーキを踏み込むか、手元の解除用レバーで行います。

フット式のメリットは、運転席回りの省スペース化とデッドスペースの有効活用です。シャツの手首付近にレバーが刺さるといったアクシデントもあり得ません。また最大のメリットは、腕力に自信がなくても、脚力が強いのが人間です。ハンドブレーキと比べると、作動させやすくなっています。

デメリットは、運転中にブレーキペダルと間違えるくらいでしょうか。ほとんど聞いたことはありませんが…。

電子式パーキングブレーキのメリット・デメリット

電子式は、ワイヤーを介すること無く、後輪のパーキングブレーキを作動させます。そのため、ボタンやスイッチの設置場所に制約がなく、デザイン次第でオシャレ、未来的、機能的にも仕上げることができます。

メリットは他にも、操作に力が一切必要ないこと。またブレーキを作動させる力も一定です。もちろん、運転席まわりはスッキリしますし、足元もスッキリ。余計なパーツ(ペダル)がなくなるので、操作ミスの減少も期待できます。

デメリットは、バッテリー切れの時は動作しないことです。電子式ですから、電気がなければ動きません。また、浸水などで電気回路がショートした場合にも、動作しなくなることが考えられます。

次ページハンドブレーキが絶滅しかかっている原因

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事