タイヤワックスの効果とは?水性タイプと油性タイプどちらが良いの?

タイヤワックスとは

BMW 2シリーズ クーペ

洗車した際、最後の仕上げにタイヤワックスを使うと、タイヤの黒が強調され、バリっとした印象になります。愛車の写真撮影を行う、なんて際はやっておきたい処理でもありますよね。

タイヤワックスは、油やシリコンを付着させて光沢や艶を出すアイテムですが、そのタイヤワックスを嫌うユーザーもいます。理由は、タイヤに悪影響があるというものですが、これはタイヤワックスに使用されている成分によるもので変わります。

油性タイプか水性タイプか…

タイヤワックスは「油性」「水性」の2タイプが存在します。

・油性タイプ
以前からあるポピュラーなものは、石油系溶剤にシリコンを溶かしてある油性タイプです。親油性が高く、液ダレがしにくい、タイヤとの密着度も高く、雨などに強いということなどがメリットです。

しかし石油系溶剤がゴムに浸透することで、タイヤの組織を破壊してしまう(劣化を早める)ということが、デメリットとしてあげられます。

・水性タイプ
水性タイプのタイヤワックスは、シリコンを水の中に乳化分散させたものです。シリコン自体は油性のため、水に溶けることはなく、小さな固まりとなり水のなかに浮いているという状態になります。

メリットとしては、ゴムに浸透することがないシリコンが表面を覆うことでタイヤの劣化を防ぐ効果が期待できること。つまり、タイヤにやさしいケミカルといえます。

しかし油性タイプよりも当然親油性が低いため、雨などで流れやすく耐久性に劣ります。また油性タイプと比してコストが上がってしまいます。

次ページ油性?水性??結論は…

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事