車の片方の駆動輪を回すと、反対側のタイヤが逆回転する理由とは?

日産 GT-R

車をリフトアップして4輪とも浮かせた状態で、片方の駆動輪を回してみましょう。すると、反対の駆動輪は逆方向に回りますよね?普通に走っていたら起こるはずのないこの動きは、どのような仕組みから生まれているのでしょうか?

Chapter
リフトアップさせたタイヤを回してみる
左右のタイヤの間にある重量なパーツ。それがデフです。
自動車は「斜めに進むのではなく、円を描くように曲がる」
逆回転の理由とは?
「差動制限」を行うLSDもあります

リフトアップさせたタイヤを回してみる

オイル交換などのメンテナンスの際に、リフトがある場所でなら、作業性を確保するために車両を持ち上げます。

その際、車輪まわりを点検する必要がある時は、サイドブレーキを開放し、手でタイヤを回転させます。それが駆動輪の場合、不思議なことに回しているタイヤと反対側は、逆方向に回ります。

つまり、右側を正回転で回したら、その左側のタイヤは逆回転に、逆回転なら、左のタイヤは正回転になります。走行中は左右ともに同じ方向に回転しているはずなのに、どうしてこのような現象が起こるのでしょうか?

左右のタイヤの間にある重量なパーツ。それがデフです。

車の駆動輪は、1本のシャフトで左右が繋がっているわけではありません。エンジンの出力は「デフ(デファレンシャルギア)=オープンデフ」と呼ばれる駆動伝達機構を介して左右に分配され、それぞれのタイヤに伝わるわけです。

さて、ここでもしエンジンから伝わった動力が、左右ともに50%ずつ伝わったらどうなるでしょう?前輪駆動で考えてみます。

路面がフラット、かつタイヤの外径が同じであれば、タイヤの向きが真っ直ぐなら、素直に真っ直ぐ進みます。

では、ハンドルを切って、左右のタイヤが同じ角度だけ右に向いていたらどうでしょう?答えは、その方向に真っ直ぐ進む、です。

しかし、それではいけません!どうしてでしょう?

<次のページに続く>
次ページ
自動車は「斜めに進むのではなく、円を描くように曲がる」