車内で裸は捕まるの?

公共の場での裸は犯罪

夕方 住宅街

多くの人がご存知の通り、公共の場で全裸でいるのは公然わいせつ罪に該当します。

「公然とわいせつな行為をした者は、6月以下の懲役もしくは三十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する」と刑法第174条により定められています。

しかし、これが車内だった場合はどうなるでしょうか?

車内の裸はどこまでOK?

警察官

たとえば男性の場合、上半身のみ裸で車を運転をしていたら、それだけで多くの人の目に留まるでしょう。たとえ下着を身に着けている状態で、罪に問われなくても、警察の人から注意を受けることがあるかもしれません。ただし、海水浴帰りというケースも考えられますので、基本的にはセーフです。もちろん、女性の場合は一発でアウト。

しかし、上半身裸と思いきや、実際には全裸だった場合…外からは基本的に上半身しか見えませんよね。警察の人に声をかけられ、下着も何も身に着けていないとなると、これは公然わいせつ罪に該当します。また、トラックやバスなど自家用車よりも目線が高い車だと、一般の人たちの目に触れる恐れがあるため、同じく法に触れてしまいます。

車内でどうしても裸にならなければならない場合は、カーテンで完全に外界と遮断し、外から見えないようにする必要があります。

結局のところはケースバイケース

車内で下着を身に着けていれば罪に問われない=公共の場でも下着を身に着けていれば罪に問われない、と言う訳ではありません。

電車の中や飲食店などで下着だけを身に着けている場合、周囲には不快感を与えてしまいますよね。この場合は全裸でなかったとしても通報される可能性は十分にありますし、利用を断られるでしょう。

しかし、銭湯や温泉なら誰も驚いたりしませんよね?要は、時と場合をわきまえることが重要なのです。

道路交通法では、ドライバーの服装に関して、履物以外はなんの制限もありませんから、法律上は上半身裸であっても罰則はないようです。

とはいえ、裸で運転していた時に、万が一クルマが事故にあった際には、生身の身体をシートベルトが直接受け止めることになるので、擦過傷などを負うことが考えられます。そういった意味でも、衣服はいつも着用しておきたいものです。

この記事をシェアする

最新記事