「車内」の検索結果(399件)

記事

愛車の屋根にテントは後付けできる?

ここ数年、右肩上がりに需要が伸びているキャンピングカー。車内で快適に寝られることが魅力ですが、通常のミニバンやワゴンにはないキャンピングカーならではの特徴的な装備といえば「ポップアップルーフ」です。“自分の車もキャンピングカーにしたい!”と思っている方に、このポップアップルーフに...

  
1028

タクシーや官公用車に多く採用…フェンダーミラーのメリット・デメリットは?

かつて、日本では法令(道路運送車両法第44条(後写鏡等))の規定により、ボンネット付きの車両はフェンダーミラーを装着するよう決められていました。ドアミラーは1983年の規制撤廃までは、「違法パーツ」(ボンネットの無いクルマ以外)とされていたのです。とはいえ、現在でもフェンダーミラ...

  
2140

50歳以上の方が「あの頃、私も若かったな〜」となる!? 懐かしい車7選

50歳以上の方が「あの頃、私も若かったな〜」となるような懐かしい70年代の車をピックアップ!黎明期の60年代ほどのインパクトはないものの、自家用車が一般の家庭に普及し、我が家にも手が届きそうに思えたあの頃の名車を振り返ってみましょう。

  
7669

"女性とクルマ"のコンシェルジュでありたい

〜『カーユニウーマン』 鈴木珠美さんもっとクルマのことを知りたい。もっと運転が上手になりたい。実はそう思っている女性は案外多い。そんな女性たちを応援したい、という想いで運営されているウェブサイトがある。『カーユニウーマン』がそれだ。このサイトを運営する鈴木珠美さんに、お話を聞いた...

  
92

第36回 輸入車試乗会2016 女性ジャーナリストの選んだクルマは?

毎年2月の初めに、JAIA(日本自動車輸入組合)が主宰するメディア向けの輸入車試乗会が開催されます。インポーター各社の取り扱う最新モデルが一堂に揃うため、”輸入車一気乗り”試乗会とも呼ばれています。[aheadアーカイブス vol.160 2016年3月号]

  
185

広く採用されているモノコックボディ。そのメリットとは?

現在の乗用車に広く採用されているモノコックボディは、今からほぼ90年前に誕生しました。今回は、そのモノコックボディの歴史と誕生の経緯について、紹介していきます。

  
2080

足元に新聞紙や飲食禁止など…綺麗好きなドライバーあるある

車が大好きな方であれば、愛車をなるべく綺麗に保ちたいと思うのは当然かと思います。ただ、綺麗好きも度を超すと、他人からは奇異の目で見られることも…。そもそもすべてにおいて綺麗好き、潔癖症など、理由はいろいろあると思いますが、そんな方たちがしてしまう、憎めない行動にはどんなものがある...

  
2757

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.72 車内放置の厳罰化

毎年毎年、この季節になると、炎天下の車内に放置された子供が熱中症で死亡する痛ましい事故が起こる。たいていはパチンコ屋の駐車場だが、スーパーやファミレスの駐車場でも起きている。事件の度にテレビや新聞で報道されるのに、なぜかこの種の事故は後を絶たない。汚い言葉を使って申し訳ないが、言...

  
104

最近、見ないコラムシフト。なぜ急激に減少したのか

1990年代には、ミニバンや商用車、軽自動車などが採用していたコラムシフトですが、2018年現在、ほとんど見かけなくなってしまいました。どうして見かけなくなってしまったのでしょうか?文・吉川賢一

  
11564

BRIDEからトラック専用シートが発売!長距離トラックドライバーの疲労軽減にはこれだ!

2018年4月、スポーツシートでお馴染みのBRIDEから、トラック専用シートZAOUが発表されました。今までのアフターパーツの概念を覆す斬新な切り口に、CarMe編集部では興味をもち、メーカーへ直接取材を申し込みました。従来のシートと何が違うのか?多角的にレポートをしたいと思いま...

  
7022

こだわりがすごすぎる!超ド級のプレミアムカー6選

ブランドも値段も超一流のプレミアムカーは、車両価格以外もプレミアムに違いない。ここではそんな世界的に有名なプレミアムカーたちのプレミアムな部分を、“価格以外”の注目ポイントからお届けします。さすがに雲上ブランドのプレミアムカーだけあって、そのこだわりぶりもまさしくPREMIUMで...

  
8157

梅雨前にしておきたい!洗車で雨対策

今年もいよいよ梅雨の季節が到来。皆さんは愛車のお手入れはお済みですか?何もしていないというあなた、ちょっとしたメンテナンスで梅雨を快適に乗り切ることができます。今回は梅雨前にしておきたいお手入れの話です。文・山崎友貴

  
9195

欠点もあるが、魅力いっぱい。買ってよかった中古ロータス エリーゼの初期モデル

90年代末期に発売されるや否や、日本でも人気となったロータス エリーゼ。フェイズⅢの現在は、非常に現代的で誰にでも乗りやすい車になっていますが、初期のフェイズⅠはいろいろな面でオーナーを選ぶクルマでした。それでも、いまだ僕に強い印象を残してくれているエリーゼの魅力を、お伝えしたい...

  
5347

1代限りで販売終了した日産の迷車5選

生み出したモデルを大事にする風土があるのか、日産は1代限りで生産終了となってしまったクルマはそれほどありません。今回は、少し歴史を掘り起こして、1代限りで消えた日産車をご紹介します。-------------------------------------------------...

  
36248

総資産5,000億超え!? ZOZO社長、マイバッハG650ランドレーを愛車購入!

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの創業者であり、代表取締役社長である前澤友作氏は、先日自身のツイッターでメルセデス・マイバッハのG650ランドレーを購入したと発表しました。このメルセデス・マイバッハG650ランドレーとは、いったいどのような車な...

  
23736

天井タッチ、強いドア閉め…車好きならわかる同乗者にして欲しくないことは?

なかには「土足厳禁」にする方もいるように、クルマを大切にしたい思いは、多かれ少なかれ皆さんお持ちかと思います。これは、クルマへの愛着と同時に”資産”という側面もあるからではないですようか?とはいえ、自分以外の誰かを乗せるのもクルマの使命。そんな折に同乗者にしてほしくないこと、あり...

  
4886

新車100万円台から買えるSUVのコンパクトカー5選

クロスオーバーSUVが注目を集める昨今ですが、いずれも高めな車両価格がユーザーには悩ましいところ。でも、コンパクトなSUVであれば、100万円台の予算で手に入れることができます。今回は、そんなリーナブルなクロスオーバーSUVにスポットを当ててみましょう。文・山崎友貴

  
8416

2017年に消えていったクルマたち

新型車がデビューするとなれば、メーカーはプロモーションに力を入れますし、各メディアも注目して取り上げます。しかし販売を終了するときは、ひっそりと…。今回は、2017年に粛々と生産終了してしまった車を紹介します。文・吉川賢一

  
26059

RE雨宮が作るRX-7 FD3Sはタイムアタック車にも負けないパワーとストリートカーとしての快適性を...

新車の販売は2012年のRX-8の販売終了をもって終了してしまっているロータリーエンジン搭載車(ロータリーターボエンジンは2002年のRX-7が最終)ですが、その独特のフィーリングなどに魅せられたファンはまだまだ多く存在しています。ロータリーファンはもちろん、クルマ好きなら知らな...

  
3171

お手頃価格で購入できるキャンピングカー5選

山が新緑に色づき、旅に出るのが楽しくなる季節です。自然のなかにキャンピングカーで出かけて、ゆったりと過ごしたらきっと至福の時間を過ごせるはず。今回はお手頃な値段で買えて、装備充実、価値満載のキャンピングカーを厳選してみました。文・山崎友貴

  
5734
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives