スマホをかざすだけ!? 今後、駐車場の空きを一瞬で発見できるようになる?

iPhoneで駐車場を探せるARアプリを開発

駐車場

IT開発企業のFybr社は、駐車場の空きスペースを簡単に見つけることができるiPhone向けアプリを開発していると言います。

AR機能を使用したこのアプリを使えば、広大な駐車場のなかでウロウロすることなく、空きスペースを発見できるようになります。ARで駐車場を探せるなんて、なんだか近未来的な感じがしますね。

下記の動画がその開発中のアプリです。英語なので、内容が少しわかりづらい部分もありますが、空きスペースと料金が表示されています。

アプリの使い方は?

車載 iPhone

もしこのアプリが実装されれば、普段から使っているスマートフォン(現在はiPhone向けに開発)を用いるだけなので、ユーザー側の負担がほぼないことはメリットと言えるでしょう。

動画では、駐車場でアプリを起動しスマートフォンをかざすと、ポップアップのような感じで空き駐車場を知らせてくれていますね。画面は、ユーザーが実際に目にしている景色と同じなので、空きスペースも一目瞭然です。これなら、空きスペースまで直行することができます。

無駄に駐車場内を彷徨うこともなくなりそうですね。

どんな仕組みで動いているの?

紹介されているニュースサイトによれば、"街中に設置されたセンサーで駐車状況をリアルタイムでデータ収集し、アプリと連携する仕組み"と記載されています。

センサーがどんなものなのか詳細は明らかになっていませんが、すでに設置済みのセンサーを応用するのであればスマートな導入が可能ですが、今後アプリのリリースに向けて設置していく場合は、実用に少し時間がかかるかもしれません。

とはいえ、こういった身近なデバイスで日常のストレスが軽減されるのは、おおいに歓迎すべきことといえるでしょう。

この記事をシェアする

最新記事