NV350キャラバンとハイエース…なにが違うの?

日産 NV350キャラバンとは?

無題

日産 NV350キャラバンは、2012年にフルモデルチェンジを行い、5代目に移行。同時に名称をキャラバンから、NV350キャラバンへと変更しました。

ホイールベースが延ばされたボディは、存在感のあるフロントグリルを採用。さらに電動格納式リモコンカラードアミラー(一部車種はオプション)、ルーフサイドのドリップチャンネルを廃止するなど、乗用車のようにオシャレで豪華です。

車種構成は、商用バン(3~9人乗り、1または4ナンバー、2.0Lガソリンまたは2.5Lディーゼルターボ)、乗用ワゴン(10人乗り、3ナンバー、2.5Lガソリン)、マイクロバス(14人乗り、2ナンバー、2.5Lガソリンまたはディーゼルターボ)の3種が基本。駆動方式は、2WDと4WDが用意されます。

販売の中心は商用バンで、ボディ形状はロングボディとスーパーロングボディ、標準ルーフとハイルーフ、普通幅とワイド幅を組み合わせており、それぞれで荷室容量が異なります。

2017年7月のマイナーチェンジでは、商用バンにインテリジェントエマージェンシーブレーキ、VDC、ヒルスタートアシストを標準装備。さらにインテリジェントアラウンドビューモニターを小型貨物車4ナンバーバンクラスでは初めてオプション設定するなど、先進安全装備を積極的に採用しています。

トヨタ ハイエースとは?

ハイエースバン

現行モデルで5代目となるハイエースは、2004年より販売、13年目のモデルイヤーを迎える長寿車です。その人気は、シェア獲得ポイントだけでなく、盗難車ワーストリストにもあがるほどです。

ハイエースはシリーズ名で、商用バンのハイエース バン(2~9人乗り、1または4ナンバー、2.0L、2.7Lガソリンまたは3.0Lディーゼルターボ)、乗用ワゴンのハイエース ワゴン(10人乗り、3ナンバー、2.7Lガソリン)が、それぞれ独立車種として扱われます。ハイエースバンには、販売店の異なる双子の兄弟車、レジアスエースが存在します。

NV350キャラバンのマイクロバスに相当するモデルは、ハイエース コミューター(14人乗り、2ナンバー、2.7Lガソリンまたは3.0Lディーゼルターボ)として設定されます。

ハイエース バンのボディ形状は、全長(標準、ロング、スーパーロング)、ルーフ形状(標準、ミドル、ハイ)がそれぞれ3タイプ。幅(標準とワイド)、フロアタイプ(標準とジャストロー)が用意され、荷室容積だけでなく荷室内での作業時の姿勢まで考慮したグレード選択が可能です。駆動方式はFRと4WDのいずれかです。

ハイエース ワゴンは、10人乗りの大型ワゴンのみ。小型ワゴンは、2004年のモデルチェンジ時にアルファードに統合され、現行モデルには設定がありません。グランドキャビン(スーパーロング、ワイドボディ、ハイルーフ仕様)と、GL/DX(ロング、ワイドボディ、ミドルルーフ仕様)が設定されます。

コミューターは、スーパーロング、ワイドボディ、ハイルーフ仕様のみの設定。駆動方式はFRまたは4WDです。

NV350キャラバンとハイエース、どう違う?

モデル年齢の新しい日産 NV350キャラバンを軸に、トヨタ ハイエースとの違いを見ていきましょう。

衝突予防安全装備の違い

NV350キャラバン

NV350キャラバンには、セイフティーシールドやインテリジェントアラウンドモニター、インテリジェントエマージェンシーブレーキといった衝突予防安全装備が搭載されています。

対するハイエースには、VSC(ビークルスタビリティコントロール)&TRC(トラクションコントロール)、バックモニター内蔵自動防眩インナーミラー、緊急ブレーキシグナルなど基本的な装備が中心です。

ハイエースが前回、モデルチェンジを敢行したのは2004年のこと。衝突予防安全装置未搭載も仕方が無いところです。しかし先代のモデルライフが15年であったことを考慮すると、次のモデルチェンジは2019年あたり。

次期ハイエースがどんな衝突予防安全装置を備えるのか、楽しみですね。

フロアタイプの違い

無題

ハイエース(画像上)の床には、標準とジャストローがあります。ジャストローは低床タイプで、荷物の積み下ろしを行いやすいだけでなく、荷室容量の増加という恩恵があります。

NV350キャラバン(画像下)では、全車低床タイプを採用。同じルーフ高なら、NV350キャラバンのほうが荷室容量は大きくなっています。

ドレスアップ・カスタマイズの違い

NV350キャラバン ライダー

NV350キャラバンは商用バンであるにも関わらず、ドレスアップ仕様のライダーが存在します。さらにカスタマイズカーとして2輪車のトランスポーター仕様も用意されます。対するハイエースバンには、TRDやモデリスタのドレスアップ仕様や2輪車用トランスポーター仕様が用意されます。

NV350キャラバンは、ハイエースを全面的に凌駕することを目標に開発されています。その結果が低床フロア採用であったり、追突予防安全装置の搭載です。

地味な違いですが、プロユースでは少しでも積載力に優れることが仕事の効率化につながり、それが商品力として評価されることもあるのですね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事