トヨタ 5代目ハイエースバンのシートはアレンジ性抜群!用途によって使い分けができる!

トヨタ 5代目ハイエースバン

トヨタ 5代目ハイエースバンはトヨタ自動車が製造・販売するクルマで、初代が発売された1967年以来 宅配業や送迎バス、ジャンボタクシーなど商用車として利用されてきました。

その理由の一つに多彩なシートアレンジが考えられます。

そこで、今回は5代目ハイエースの多彩なシートアレンジについて詳しくご紹介します。

Chapter
トヨタ 5代目ハイエースバンはどんなクルマ?
トヨタ 5代目ハイエースバンの多彩なシートアレンジ
トヨタ 5代目ハイエースバンのシートにはアレンジ性を高める魅力的なオプション装備が充実

トヨタ 5代目ハイエースバンはどんなクルマ?

ハイエースバンのボディサイズは全長4,695mm×全幅1,695mm×全高1,980mmとなっています。

エンジンには2.8L 1GD-FTVディーゼルエンジンが用意されており、コモンレール式燃料噴射システムや空冷式インタークーラー付きターボチャージャーなどが採用されています。最高出力111kW(151PS)/3,600rpm、最大トルク300Nm(30.6kgm)/1,000~3,400rpmという力強いパワートレインになっているので、悪路でも高い走破性を発揮します。

また、ハイエースバンは商用車として利用されることも多く、ラゲッジルーム(荷室)の広さを確保するためにキャブオーバーという、運転席の真下にエンジンを置いてボンネットを小さくするエンジンレイアウト方式を採用しています。

キャブオーバーは運転席・助手席に振動や音が伝わることから、決して乗り心地がいいとはいえませんが、ボンネットが小さいことで視認性が広がり、大型サイズのクルマながら運転がしやすくなっています。

トヨタ 5代目ハイエースバンの多彩なシートアレンジ

トヨタ ハイエースバンのリアシート(後席)は分割可倒式ではなく背もたれが繋がっているベンチタイプのシートですが、格納することでフルフラットの室内になり、荷物の積載量を増やすことができます。

さらにフロントシート(前席)もフルフラットに格納することが可能です。

ハイエースバンのラゲッジルームはラゲッジルーム幅1,520m、ラゲッジルーム高1,320mmとなっています。ラゲッジルーム長はリアシート通常時では1,855mmですが、リアシートを折り畳んでいる場合は2,470mmもの広さになるので、スノーボードや釣竿など長くてかさばる物でも余裕をもって積載可能です。

そして、フロントシートの背面からリアドアまでの奥行きは3,000mmとなっており、フロントシートも格納することで、大人でも余裕をもって横になることができ、車中泊もできます。

また、リアシートは2段階調節可能なスライド機能と、リクライニング機能が搭載されており、座った状態での居住性も高めています。

トヨタ 5代目ハイエースバンのシートにはアレンジ性を高める魅力的なオプション装備が充実

トヨタ ハイエースバンはシートアレンジすることで、荷物の積載量を増やしたり、居住性を高めることができると分かりましたが、用意されているオプション機能と組み合わせることでさらにパフォーマンスが向上します。

まずはベッドキットをご紹介します。ベッドキットはラゲッジルームに装備可能で、車中泊での快適性を高めることが可能です。

さらに室内の半分をラゲッジルームとして使用し、半分をテーブルとして使用できるハーフラゲージモード、フルでベッドを展開するベッドモード、他にもラゲッジルームの半分をベッドとして使用できるシングルベッドキットも用意されているので用途に合わせた使用が可能です。

これはシートアレンジすることで広々とした空間を実現できる、ハイエースバンだからこそ装備できるオプション機能となっています。

2つ目にご紹介するのがフルシートカバーです。このフルシートカバーにはスタンダードタイプと織柄入りでスポーティさを演出するスポーツタイプが用意されており、シートを汚れから守る役割を果たします。

3つ目にご紹介するのがランバーサポートクッションです。このランバーサポートクッションは運転席に取り付け可能な立体サポート構造を採用したエプロンタイプのクッションで、優れた体圧分散性と衝撃吸収性をもつエクスジェルが埋め込まれており、運転時の快適性を向上させます。

最後にご紹介するのがリアシート用のクリーンボックスです。防水・抗菌・消臭機能付きでフロントシートのバックポケットに取り付けでき、小物入れやドリンクホルダーとして利用可能です。また簡単に取り外し可能なので、フロントシートを格納する際も不便はありません。

今回はトヨタ ハイエースバンの多彩なシートアレンジをご紹介しました。

ハイエースバンのシートアレンジは、荷物の積載量を増やすなどの機能性だけでなく、オプション装備と組み合わせることで居住性を高められると分かりました。

ハイエースバンは商用車としてだけでなく乗用車としても高い利便性を発揮するので、気になった方はディーラーに足を運んでみてはいかがでしょうか。

※2021年6月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道