チャイルドシートに大人が座っても違反ではないのか?

幼児はチャイルドシートの着用が義務

チャイルドシート

自動車のシートは、大人が座ることを前提とした設計なので、幼児が座るにはオーバーサイズになってしまいます。そのため、幼児が乗車する場合は、安全性を確保するためにチャイルドシートは必要不可欠です。

チャイルドシートの使用は、道路交通法でも定められており、使用を怠った場合は違反になります。罰金は発生しませんが、違反点数が1点加算されます。近場であっても、他人の車であっても、着用しない場合は違反となるので注意しましょう。

ただし、例外となる場合もあります。「シートの構造上、チャイルドシートが固定できない」「乗車人数が多く、チャイルドシートを人数分設置できない」「バスやタクシーに乗る際」「応急救護で緊急を要する場合」などで、着用義務が免除されることもあります。

チャイルドシートは何歳まで必要?

チャイルドシート

ところで、チャイルドシートの着用が義務付けられている年齢は、何歳までかご存知ですか?

道路交通法には”幼児”と記載されていますが、幼児とは6歳未満の子供のことで、それ以下であればチャイルドシートの着用が義務ということになります。

チャイルドシートには大きく分けると、乳幼児用(ベビーシート)、 幼児用(チャイルドシート)、学童用(ジュニアシート)の3種類があります。幼児といっても体の大きさはさまざまなので、体の大きさに合ったチャイルドシートを使用することが重要です。

またシートによっては、1歳頃から11歳頃までを1脚でカバーできるものも存在します。

6歳以上の人がチャイルドシートを使うことはできる?大人も座れる?

6歳未満と記載されているチャイルドシートの着用ですが、6歳を超えても使用することはできるのでしょうか?

一般的な車のシートベルトは、身長140cm以上の乗員を基準につくられています。実際身長が140cm近くになるのは、10歳前後の子供であり、6歳の子供ではまだまだこの平均には届きません。

そのため、6歳以上の子供がチャイルドシートを着用するかどうかは親の判断ということになりますが、大人用のシートを140cm以下の乗員が使うと、首や内臓に大きなダメージを与えてしまう可能性があります。6歳を過ぎていても子供の身長が140cmになるまではチャイルドシートを着用したほうが安全性は確実に高まります。

つまり、6歳以上の子供がチャイルドシートを着用しても違反にならず、体格さえ合えば大人が使用することも可能というのが答えになります。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事