軽スポーツ対決!アルト ワークス vs S660…どちらが買いか?

新型アルト ワークスとS660の立ち位置の明確な違い

ホンダ S660

軽スポーツ界は現在、ホンダ S660、ダイハツ コペンなど、それぞれ往年のファンの期待に応える姿勢を各メーカーが見せています。

こうしたメーカーサイドのスポーツカーへの活発なアプローチは、シニア層へのニーズがあるからに違いありません。実際にS660は若者というよりは、アクティブシニア層に大きく訴求しているといえます。

このように、仕事もひと段落し、若い頃に乗っていたようなスポーツカーにもう一度…となった際、S660のような軽スポーツカーは、セカンドカーとして所有するのに非常に都合が良く、市場では成功しにくいオープンカーであっても、ニーズが十分にあるといえます。ダイハツ・コペンも同様ですね。

アルトワークス(5代目)

しかしアルト ワークスは、そうしたクルマとは少々立ち位置が違います。

動力性能については後述するとして、まずエクステリア。これは通常のアルトに少し架装したのみ、また一般的な4ドア(5ドア)の軽自動車の体裁なので、非常に日常の使い勝手が良いモデルに仕上がっています。

つまり、考え方によっては、アルト ワークスはファーストカーとしても十分通用するパッケージなのです。家族で乗るには5MTが少々忙しいかな、という方には変速スピードが改善されたAGS使用も用意されています。これであれば、たまに奥様がお買い物の足に使うという場合でも、十分対応できるでしょう。

日常的に使える…という安心感があるのがアルト ワークス。対してS660は、軽を超えたプレミアム感があり、これを所有するというのは、ある意味では"非日常"を手に入れるという考えに繋がります。

実用性はバッサリと捨て去り、”クルマで走る行為にふける”という楽しみ方が可能なモデルといえましょう。

次ページ価格からも見える両車の性格の違い

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事