捕まらないために!覆面パトカーの取り締まり方法を再確認しておこう!

2017年度中に一部高速道で最高速度120km/hに!

首都高速道路

2016年度に警察庁は、高速道路の最高速度を120km/hに引き上げる方針を固めました。とはいうものの、すべての高速道路が対象ではなく、100km/h以上で走行しても問題のない区間のみのようです。

まずは静岡県と岩手県内を走る高速道路の一部区域が対象で、2017年度中に変更するとのこと。

そんな事情もあってか、警視庁では2017年5月頃からモデリスタ製マークX+Mスーパーチャージャーを覆面パトカーとして15台導入し始めています。

このモデルは3.5L V6にスーパーチャージャーを組み合わせたハイパフォーマンスモデルで、最高出力は265kW(360ps)を発生。高速道路で速度超過違反が見つかれば、捕まること間違いありませんね。

覆面パトカーの取り締まり方法

パトカー

覆面パトカーに限らず、通常のパトカーや白バイでも以下の手法で取り締まりを行います。

1、一般車両に紛れたり、大型トラックの直前で80km/hで走行するなどして、速度超過違反車を待ちます。
2、違反車両を確認すると、違反車とは違うレーンを走行しつつ、徐々に間合いを詰めます。
3、速度計測開始時には、一気にスピードアップ。違反車の後方にピッタリと付き、速度計測開始。終了までの所要時間は、わずか6秒です。

「警察24時」などのテレビ番組でも紹介されているように、取り締まり用警察車両を運転できるのは、警察のなかでも運転のエキスパートのみ。私たち一般ドライバーがドライビングテクニックで、適うはずがありません。

また、速度計測時にはナンバープレートも記録しているので、その場では逃げられたとしても、後から出頭命令が郵送されてくることでしょう。

次ページ覆面パトカーの見分け方をおさらい!

この記事をシェアする

最新記事