ワンダー、チッピング、幽霊車…走行中に起こりうる現象10選

①クリープ現象

渋滞

クリープ現象は、AT車やCVT車に乗っている人にはお馴染みの現象ですね。アイドリング中、アクセルを踏み込まなくても車が前に進もうとします。

これは、トルク増幅機構を持つトルクコンバータを採用している車では強く起こります。自動でMT車の半クラッチに近い働きをするので、駐車時や渋滞時には重宝します。

しかしその反面、ギアがDレンジに入っていると、クルマは勝手に前に進んでしまうため、思わぬ事故の原因ともなります。

②ワンダー

ステアリング ズレ

ワンダー、またはワンダリングと呼ばれるもので、路面の勾配(進行方向に対し直角)によって、クルマがふらつく現象をいいます。轍の大きな道路で発生しやすくなります。

また、ホイールアライメントの不備や操舵系の不良などによって起こります。頻発するようであれば、前述したことが原因の可能性が高いので、早めに点検を受けたほうが良いでしょう。

③ハイドロプレーニング現象

雨 走行

ハイドロプレーニング現象は、アクアプレーニング現象や水膜現象、ハイドロプレーンなど、いくつかの呼び名があります。

運転中に起こる現象で、濡れた路面を走行中、水たまりなどを通過する際、路面とタイヤの間に水が入り込み、ハンドルやブレーキで車両の制御ができなくなってしまう危険な現象です。

速度の出しすぎや、空気圧不足、タイヤが摩耗していると、よりこの現象が起こりやすくなりますので、路面が濡れているときは、特に運転に気を付けましょう。

④スタンディングウェーブ

タイヤ パンク

スタンディングウェーブもタイヤの空気圧が少ないときに起こりやすい現象で、タイヤの接地面より後方が波状に変形することを言います。

この現象はドライバーが運転していても気づかないことが多く、タイヤが不規則に変形する状態になることで温度が上昇し、最悪の場合にはバーストしてしまいます。

空気圧チェックは、安全運転なドライブのためにも必要不可欠な日常点検なのです。

⑤チッピング

タイヤ

チッピングとは、いわゆる”飛び石”のことです。前を走るクルマの巻き上げた砂利や小石が後続のフロントウインドウやボディに接触することで、付いてしまった傷のことです。

ボディの金属部分は、傷が深いとそこから錆びてしまう可能性もあるため、アフターケアも重要です。

有効な対策としては「前車との車間をしっかりとる」。これだけでも、多くの飛び石を防ぐことができます。

次ページ走行中に起こりうる現象⑥〜⑩

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事