BMW i3の維持費っていくらかかるの?

老舗BMWがリリースしたからこそ説得力のあるEV「i3」

BMW i3 2016

日本国内のEVは、2006年に三菱i-MiEV、2010年には日産リーフが登場しました。しかし、その航続距離や充電インフラの問題などでなかなか普及にいたっていませんでした。

そんな状況のなか、2009年にアメリカの新興メーカー、テスラから航続距離400km以上というスペックのモデルSが登場し、EVを現実な選択肢に押し上げることに成功。このテスラの登場によって、EVマーケットが活性化してきたともいえるでしょう。

一方、燃料電池車両を研究し、EVに関してやや懐疑的なスタンスに見えていたBMWですが、2013年に純然たるEVモデルを世に放ちました。

カーボン素材を多用し、バッテリーによる重量増を抑え、タイヤも専用のエコタイヤを装備。さらに回生ブレーキは、アクセルoffで強力な減速力が働くようにチューニング。ほぼアクセルのみで走行が可能となっています。

i3は、純粋な電気自動車EVモデルと、発電用エンジンを搭載したレンジエクステンダーモデルが用意されております。EVでの航続距離は、最大390km。レンジエクスレンダーであればさらに120km航続距離を伸ばせるのです。

いずれにせよ、BMWが独自の流儀を持ち込んだモデルを投入してきたことに、説得力というべきか、今後のEVの在り方が本格的になったと感じられるのではないでしょうか。

次ページBMW i3の購入価格はいくらになるのか?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事