損害額583億円!? ワイスピ全7作で、ものすごい数の車や建物を壊していた

シリーズ統計、総額583億円の損害額…

ダッチ シェイクダウン チャレンジャー

まもなくシリーズ8作目となる「ICE BREAK」が、ここ日本でも封切られるワイスピシリーズ。その醍醐味は、日本車含めスーパースポーツモデルが多数登場し、過激なアクションが多数盛り込まれていることでしょう。勿論、派手な破壊シーンというのもまさにハリウッド…というべき迫力があるわけで、定番の娯楽作となっているのも頷けます。

とはいえ、超高級モデルやレアモデルも容赦なく破壊してきているのもこのシリーズ。英国の保険情報サイト「Insurance The GAP」の調べでは、なんとその損害総額は、
4億1,944万6,914ポンド、日本円で約583.4億円にものぼると発表したのです!!

シリーズ毎、キャラクター毎の損害総額も算出してあり、直近の7作目「ワイルドスピードSKY MISSION」が約2.4億ポンド(330億円)、6作目「ワイルドスピード EURO MISSION」が約1.7億ポンド(234億円)となっており、この2作だけでも565億円の損害となっています。

他方で、初期の作品は損害額がそれほど計上されていないことから、直近2作あたりから予算が莫大な額になっている証左でもありますね。しかしスケールが大きい…。

次ページ破壊された最も高額なモデルは…?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事