ポルシェが採用するオルガンペダルのメリット・デメリット

オルガンペダルとは?

オルガンペダル

普段、車に乗る際に、アクセルペダルがどんな方式なのかチェックしている方は少ないでしょう。

2017年3月現在、大半の車は"吊り下げ式"を採用していますが、RRやミドシップのポルシェやBMW、メルセデス・ベンツ、マツダなどは、"オルガン式ペダル"を積極的に採用しています(一部使っていない車種もあります)。

オルガン式ペダルとは、昔の足踏み式オルガンのように、ペダルの根本が軸となって、つま先を奥に踏むこむ方式です。

マツダでは、『オルガン式アクセルペダルでは、かかとをフロアにつけてペダルを踏み込んだとき、踏み込む足とペダルが同じ軌跡を描くため、かかとがずれにくく、アクセルペダルがコントロールしやすくなります。またシートに座って自然に足を前に出した位置にアクセルペダルを配置することで、運転時の疲労を軽減し、とっさのときの踏み間違いも起きにくくなります。』という解説しています。

ちなみに吊り下げ式は、ダッシュボードの内側に軸があり、そこを支点にペダルを踏み込む方式で、作動にはオルガン式とは逆の弧を描きます。かかと部分はホールドされず、奥に踏み込むとペダルはドライバーの身体から遠ざかって行く構造になっています。

一方、かかとを支点にアクセルを奥まで踏み込めるオルガン式は、踏み込んだ際にペダルと足の軌跡が同じため、コントロールしやすくなっています。また、しっかりと踵からホールドしているので、踏み間違いも少なく、疲労感も少なくなります。

つまりオルガン式は、操作性に勝り、人間工学的にも好ましいといえる構造なのです。

次ページではオルガンペダルのデメリットは…?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事