なぜ、トラックやバスのハンドルは、乗用車より大きいのか?

なぜバスやトラックのハンドルは大きいのか?

メルセデス トラック ハンドル

車に欠かせないハンドル。近年は、エアバッグが標準装備となっている理由などから、交換するカスタマイズは下火かもしれません。

とはいえ、スポーツ走行を楽しむ方のなかには、小径ステアリングに交換するというユーザーもいるでしょう。デザインやフィーリングの変化を楽しめるカスタマイズともいえます。

そんなハンドルですが、バスやトラックといった大型車を見てみると、乗用車と比較して非常に大きいものが取り付けられています。この理由について考えてみましょう。

前述のように、スポーツ仕様のカスタマイズを行う際に小径ステアリングを付けることがあります。これは単純な話で、外周が短い小径のステアリングほど、操作がクイックになるからです。つまり操舵力が向上する、といえます。

サーキットやワインディングなどのシーンでは、少ない動作でコーナリングを行うことができますから、スポーティな特性が得られるともいえますよね。

しかしこれにはデメリットもあり、少しの動作でクイックに反応する、というのは、裏を返せば非常にシビアな操作性になってしまうということであり、高速で直進する際などには神経質になりかねません。

では、大型バスにこうした小径ステアリングを配した場合どうでしょうか。バスのように重心の高いクルマ、ましてや乗客や多くの積み荷があるケースでは、クイックなハンドリングは必要ないどころか、横転のリスクが増えてしまいます。

また、ハンドル操作での「切れ角」も乗用車と違いがあります。通常の乗用車がおおよそ30度~35度の切れ角であるのに対し、トラック等は45度以上の切れ角の設定がされています。これは大型の車体でも切り返しや、小さい路地に入っていくための設定といえます。

そのため、バスやトラックは、おおらかなステアリング特性が望ましいといえるわけです。

次ページ大型車のハンドルが大きいのはかつての名残でもあった?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事