輸入車と国産車でウインカーレバーが統一される日は来るのか?

メルセデス・ベンツ S

右ハンドルの輸入車を運転するとき、ウインカーを出そうとしてワイパーを動かしてしまう、そんな経験をした方も多いのではないでしょうか。せめて右ハンドルであるならば、ウインカーレバーを右側に統一してほしいのですが、なぜそうならないのでしょうか…。

Chapter
誰でも一度はやってしまう、ウインカーとワイパーのミス
日本と欧米の規格の違いがウインカーの位置を決めてしまう…
ウインカーレバーの位置が統一される事はあるのだろうか?
一部例外のある「外車」も…
変貌していく!?世界秩序の行方は…

誰でも一度はやってしまう、ウインカーとワイパーのミス

日本国内で販売される国産車は、ステアリングの右側にウインカー、左側にワイパーレバーが配置されています。これは、ドライバーが自動車を操作するとき、シフトレバーとは反対側にウインカーレバーがありますから、走行時の安全性を考えれば至極当然のことです。

では英国のように右ハンドルのクルマはどうなのか、といえばこれがおかしな話で左にウインカー、右にワイパー、という左ハンドル圏の車と同じレイアウトになっているのです。

はっきり言って合理的とはいえない構造でもありますよね。これはなぜなのでしょうか。

日本と欧米の規格の違いがウインカーの位置を決めてしまう…

欧州車は、ISO規格(ISO国際標準化機構)によって、ウインカーレバーの位置は「左」と定められています。これはEU加盟諸国で適用になる規格のようです。つまり、右ハンドル仕様であろうと左ハンドル仕様であろうと、適用されてしまうのです。

一方で日本は、ISO規格ではなく、おなじみのJIS規格に沿ってクルマづくりを行っています。そのため、左にウインカーレバーとはならず、日本の独自性を確保しているわけです。

伝統的に右ハンドルとなっているイギリスはISO規格に反対したようですが、EU加盟国となっているために前述のようなウインカーレバーの位置となってしまいました。

しかしイギリスはEU離脱を表明したわけですから、今後国内独自の規格というのも発足する可能性はあるかもしれません。その場合、クルマに関しても日本同様の右ハンドルレイアウトなのでしょうか。

<次のページに続く>
次ページ
ウインカーレバーの位置が統一される事はあるのだろうか?