トヨタの1JZ-GTEエンジン…名機の理由と搭載車種は?

1JZ-GTEエンジン

「1JZ-GTE」は、トヨタ社内で開発されたJZ系をベースにした2,491cc直列6気筒ツインターボ付きエンジンで、ルーツは2000GTも搭載されたM型です。

その開発はヤマハが行い、トヨタ自動車が部品を加工、それをヤマハでアッセンブルするという体制で生産されました。

排気音も最高!

トヨタ内製CT12型セラミックタービンターボチャージャーを2機搭載した「1JZ-GTE」は、排気音の良さにも定評があり、車好きの間では、「国産1、2を争う良い音のエンジン」という位置づけでした。

業界自主規制枠いっぱいの、最高出力280psを発揮したハイパワーエンジンの代表格でもあります。

フルカウンタークランクや鍛造ピストン、メタルヘッドガスケットなど、チューニングに十分に耐える基本設計だったことも「1JZ-GTE」が名機とよばれるようになった一因かもしれません。

第1世代

無題

【インタークーラーツインターボ】
圧縮比:8.5
最高出力:206kW(280ps)/6,200rpm
最大トルク:363Nm(37.0kgm)/4,800rpm

「1JZ-GTE」が初めて搭載されたのは、1990年発表のJZX81系マークIIシリーズやJZA70系スープラで、その後、Z30系ソアラの前期型、フルモデルチェンジしたJZX90系マークIIシリーズにも搭載されました。

非常にレスポンスの良いエンジンで、ターボラグについても当時トップレベルの少なさでした。

JZX81系マークⅡシリーズへは、1990年8月のマイナーチェンジに合わせて、ラインナップに追加されたもので、車名は2.5GTツインターボでした。

第2世代

トヨタ クラウン

インタークーラーシングルターボ】
圧縮比:9.0
最高出力:206kW(280ps)/6,200rpm
最大トルク:378Nm(38.5kgm)/2,400rpm

第2世代の「1JZ-GTE」は、1996年8月に登場したZ30系ソアラの後期型に初めて搭載されました。

直列6気筒エンジンに装着されるセラミック製ターボは、2基から1基に変更。さらにVVT-i(可変バルブタイミング機構)、ETCS(電子制御スロットル)などを備え、最高出力の280psは変わらずに、38.5kgmの最大トルクを2,400rpmで発生させていいます。

エンジン本体は第1世代同様に、チューニングに適したフルカウンタークランクやセミ鍛造ピストン、メタルヘッドガスケットなどの高度なパーツが採用されていました。

名機と呼ばれる理由

名機と呼ばれる理由…それはやはり、ツインターボによる強力な加速でしょうか。

当時の自主規制いっぱいの280ps(カタログデータ上)を発生するエンジンですが、ターボが効き始める4,000rpm以降で、爆発的な加速をみせます。

また、排気音の良さも魅力で、高音をともないドライバーの耳に届くサウンドは、上級クラスの欧州スポーツカーに最も近かったものでもありました。乗りやすさや、扱いやすさでいえば、第2世代のほうが洗練された印象ですが、猛烈なツインターボの加速を味わうなら、第1世代に勝るものはありません。

余談ですが、第1世代の1JZ-GTEにはTOYOTAの刻印の他、隠れたところにYAMAMAの文字も刻まれています。ヤマハと共同で開発製造を行った証ですね。

直列6気筒の滑らかな回転上昇、ターボ過給による爆発的な加速、甲高い孤高の咆哮音…どれをとっても、当時のユーザーがまた乗りたい!と思う魅力を、1JZ-GTEは兼ね備えていたのですね。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事