アルミホイールの製造方法は2種類!? どのように作られている?

N-ONE Modulo X 専用15インチアルミホイール

アルミホイールが生まれるまで!

アルミホイールの製造方法は大きく分けると、鋳造と鍛造の二種類があります。

アルミ合金を溶かして鋳型に流し込んで製作するのが鋳造です。鋳造のメリットは、大量生産が可能な点や比較的コストを安くできる点。さらには、後々加工しやすい点などもメリットとして挙げられるでしょう。

動画を見ると、溶けたアルミを鋳型に流し込む様子が、よく分かりますね。

一方、鍛造は金属に圧力をかけ、加工する技術です。その圧力は、数千トン!日本国内でも特別な工場でしか作ることができません。

イメージとしては刀鍛冶を連想すると分かりやすいでしょう。かつては刀鍛冶職人が手で行っていましたが、現代ではこれらはすべてプレスマシンによって成型しつつ強度も高めます。鋳造よりも強度や耐久性に優れたアルミホイールが出来ることがメリット。

デメリットは、価格が高いことと、デザインの自由度があまりないことです。

世界で有名なホイールメーカー、HREホイールは、鍛造方法によって作られたアルミのインゴットをベースに、削り出しホイールを製作しています。

スポークやディッシュ部を最後に削り出すので、デザインの自由度が高いこと、精度に優れていることがメリットですが、製作に時間が掛かるためこちらも価格は高くなります。

さて、あなたならどれを選びますか?

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事