「完全自動運転」を実現!テスラの技術はやはり最先端!

完全自動運転を実現

自動車業界で、現在話題となっている"自動運転"。様々なメーカーが次の時代のイニシアティブを握るべく開発に力を入れていますが、テスラの自動運転はやはり一味違うものでした。

動画では、ドライバーは一度もハンドルを握らず、アクセルやブレーキなどの操作も一切行っていない完全自動運転。車体に取り付けられたカメラやレーダーによって、道路状況や衝突するものがないかを常にモニタリングしながら快調に走行しています。



※2016年時点、日本ではシステムが運転の責任を負うでレベル3(NHTSA/アメリカ運輸省高速道路交通安全局での基準)以上の運転は禁止されています

今後のテスラの動きは?

テスラ モデルX

テスラは自動車メーカーとしての歴史は長くはありません。しかし、歴史がないからこそ柔軟な発想で様々なことを仕掛けてきました。

そして2016年10月20日、テスラは今後生産するすべての車両に、完全自動運転機能を装備すると世界中に衝撃を与えた発表をしました。

自動運転技術に関してはこれまでの歴史など関係ありません。どれだけ優秀な人工知能を開発出来るかが今後重要になることでしょう。

ここまでの完成度を誇るテスラの自動運転。もしかしたら次の時代の自動車業界の「覇者」となるべき存在なのかもしれませんね。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事